ホーム>ネコ日記>2004年9月

2004年9月

2004.9.28

気の毒なネコの多いことから考えた末、

ボランティアグループの方のお世話により、生後4カ月の新しいネコがやって来ました。

健康というお墨付きで一安心。

なんせ、他の4匹は皆、病気持ちですから大変なんです。

その子の名前は、今をときめく「フルタ・イチロウ」です!

4匹たちとも自然に交わることが出来、一安心。

とってもにぎやかになりました。

2004.9.14

9月に入り、エイズの子が熱中症から心筋梗塞になり、

一時は回復したものの、突然の再により、

悲しいことに3歳の短い命で天国へ旅立ってしまいました。

2004.9.1

我が家のネコはただいま5匹。すべてノラ出身です。その内の一匹は、6月に近所の子供たちが拾ってきた、かなりのおばあちゃんネコです。腎不全、口内炎を患い、耳も聞こえず、少々ぼけもあるようです。

20151113142633.jpg

左の写真は、我が家の長男「八十助(やそすけ)」です。

目が歌舞伎の隈取りをしているように見えるので、この名前がつきました。

イイ男でしょう。性格はおっとりとしていて実に良い息子です。

 

ノラネコの救援活動

2003年10月3日に「動物達の幸せを願う会」を発足させ、近所のノラネコの救援活動をしています。毎晩エサをやりに餌場をまわり、多くのネコの避妊手術を成功させました。餌やりのついでにポイ捨てタバコやゴミの清掃も行っています。

「動物達の幸せを願う会」では、自分たちが住む街に誇りが持てるよう、ネコを通して環境保全をアピールしています。これ以上、ノラネコを増やさないようにしましょう。そのためにはまず、飼い主の方々にネコの避妊手術をするよう、強く求めます。