ホーム>ネコ日記>その他>2006.1.23・24
その他

2006.1.23・24

久々の小旅行、白く輝く、富士山眺め、名古屋へ!
まずは、ソクラテス陶器のメーカーで新製品の打ち合わせ。
その後、カメラマンの菅野まうさんの企画展へ向かう。
明治生まれの彫刻家、画家、ネコ博士。

猫画狂人とも呼ばれた「河村目呂二」の功績を讃えるため、

目呂二展を、まうさんのネコの写真と共に展示された催しです。

(~29日まで。ギャラリーMAU TEL.090-9263-4985)

そこで、岐阜にお住まいの、目呂二研究家、詩人、小説家の山田賢二さんと、

同じく、岐阜より、ソクラテスコレクターの女性2名と、落ち合った。

ちょうど運よく、私もコレクションしているネコの陶芸家、前田由紀子さんに初めてお会いできたのです。(山田賢二さんの目呂二に関するエッセイが、「ねこ新聞」3月号に掲載されます)
楽しい語らいの後、私は、静岡へと移動。

(名古屋駅にて、9時のNHKニュースでほりえもん逮捕を知る。)

ひょうたん横丁、バー「伽羅」へ。

元芸者さんであったママさんとは、20年以上のお付き合い。

そこで、又!素晴らしいネコとの出会いが待っていた!

美濃瓢吉さんの描いた「筑豊招く福猫展」のポストカードを、ママから見せられたのだ。

何と、常連さんだったのです。
彼のプロフィールにびっくり。

立大卒。出版社勤務。画家、平賀 敬に師事。

浅草木馬館にて、ピーナッツ売りなどをしながら、看板作りをしていた、という。

きっと、ご本人にお会いしたらば、共通の知り合いの話題だけでも、楽しいにちがいない。

ちょっと不気味な匂いもする作品だけれども、実に、素晴らしい作品ですよ。

そうしたことで、「伽羅」の冷蔵庫のドアに、

美濃さんの、目呂二の「芸者猫」と、ソクラテスの3匹の猫のポストカードがマグネットで押さえられ、

飾られたのでした。

次回は美濃さんにお会い出来るでしょう。

旅って、本当にステキですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.baty-kuze.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/181