ホーム>ネコ日記>2006年3月

2006年3月

2006.3.27

春がようやくやって参りました!
桜の花が開花し、美しいお姿にうっとりさせられます。
ベルギーに住む友人が帰国し、池袋で会い、久しぶりに自由学園「明日館」へ向いました。

期待以上に桜が満開で、明日館の歴史ある建物がよりいっそう、優雅さを増しています。

静けさ漂う佇まいにはほっとさせられるものの、

背後にそびえ立つ池袋のビル郡は、ポップアートとして見れば面白いけれど、

異様な恐れを感じてしまいます。

(3月28日~4月9日「SAKURA」時間として、お花見見学会開催中)

実は、多くの方がご存知かと思いますが、

下落合では現在、危機を迎えつつある狸が住む屋敷林の存続を願っての闘いが巻き起こっております。

どうか「下落合みどりトラスト基金」を検索してくださいませ。

そして、ぜひ、ご賛同をお願いいたします。

「明日館」とて、取り壊される危機にあったのです。

反対運動により、現在も変わらぬ姿を楽しませてくれているのです。

残そうとすれば、残るのです。ぜひ、ぜひ、お願い致します。

保谷の狸さんは、昨年の今頃、我が家の玄関先に置かれたノラちゃん用のごはんを食べにきていましたが、いつの間にやら、現れなくなり、今年は、もっと北の私の行き着けの美容院の先生の庭に現れ、

やはり、ノラちゃん用のごはんを食べに来ているそうで、初めて狸に会えた!と、喜んでおります。

彼女は一人で、約20匹のノラちゃんにごはんを上げてる、殊勝な方です。

が、それとて、近くの古い民家が道路建設の為に、取り壊され、住みかを失った、狸のようです。

現在は、どこを住みかにしているのでしょうか。

 

マンション、道路。これ以上、必要あるのでしょうか。

2006.3.20

4月3日より開催されるカレンダー展に出品する作品を、やっと担当者にお送り出来た。
テーマが環境問題のため、私は木炭紙を使い、まとめました。

ネコも木炭紙ネコとなり!

我が家は、以前よりネコの為にあちこちに、備長炭が置かれてます。

飲み水用のポットも、木炭入りです。

湿気を取り、空気を浄化し、消臭作用もあり、おまけに、有害電磁波をも遮籔するという。

日本最古の木造建築の法隆寺や、伊勢神宮、天皇陵にもおびただしい木炭が埋設されていると、

作家の村田喜代子さんのエッセイ「木炭日和」で知りました。

村田さんの犬がアトピー体質で、動物病院を転々としたが、直らず、思い切って、炭を与えたら、

カリカリかじりだし、4、5日目から、短い毛が生えだし、アトピー症状が消えたそうです。

糖尿病、肝臓の人、昔は、肺結核の人も、摺って飲んでいたそうです。

皆様もぜひ、お試しくださいませ。

シロアリ保護にも、動物と暮らしていらっしゃる方は、

消毒をやめ、少々、高価でも長く使えるものですから、お勧めします。

水周りの下には、最も、効果的です。 古人の知恵には、本当に頭が下がりますね!

2006.3.19

里親捜しのアメリカンショートヘヤーのネコちゃんは、残り一匹となりました。
雄です。どうか宜しくお願いいたします。

2006.3.18

以前お知らせいたしましたアメリカンショートヘヤーの猫の里親さんがまだ、決まっておりません。

年齢5~6歳ほど。雌2匹、雄1匹。

飼い主が亡くなられた為、止む無く、ボランテイアさんのもとで保護されておりま す。
他にも、三毛猫、5歳の猫も里親募集が始まりました。どうか、合わせて宜しくお願い致します。

フランスでは、トリインフルエンザの不安から、多くの猫が捨てられているとか。
恐ろしい時代になりました。
不安は別にもあります。
多くのトリが処分される際、ビニール袋に入れられて、埋められているのを、

そのつど、ニュースから目にします。

ビニールになんで入れるのか。袋の中に、さらなる毒ガスが生じ、地中がどうなってゆくのか。

皆様はどのようにお考えになりますか。