ホーム>ネコ日記>2006年7月

2006年7月

2006.7.23

東急文化村にて、以前ご紹介いたしました映画、「胡同のひまわり」観て参りました。
感想は「北京のヴァイオリン」のほうが、ずっと良かったですが、

共通して云えることは、双方、猫を象徴的に登場させているのが、私にとっては、とても嬉しく、

心が安らぎますよ。

中国映画を全て観ているのではないので、解りませんが、他の映画でもそうなのかしらん。

と、期待してしまいます。ぜひ、ご鑑賞なさってくださいませ。

梅雨に入り、水害に見舞われている地域の方がたは、本当にお気の毒です。動物たちもどうしているのか。
2週間ほど前でしたか、新聞で、痩せ細った北極熊の写真を目にしました。
このような異常天候が続けば、絶滅するかもしれませんね。人間のエゴにより、全てが狂ってしまった。

気づいたことから、生活習慣を改善させているつもりの私です。
平和でありたいですね!

2006.7.14

私達「動物達の幸せを願う会」での毎夜ご飯上げは、現在、16匹。
その内の一匹、三毛猫の「アオイちゃん」が、車に撥ねられ、死んでしまいました。
愛らしい2歳のネコでしたが、とても気の弱い子でした為、雄ネコにいじめられるネコでした。
今夜もたぶん、ご飯を食べにくる途中で、雄ネコに追われ、車道に飛び出したのでしょう。
今年に入り、2匹も失ってしまいました。それぞれに、深い思い出があり、とても淋しいです。
でも、恐怖感から開放され、天国へ召されたことでしょう。
人間も、動物も、どうして気の弱い子はいじめの対象になるのでしょうか。

2006.7.10

暑い毎日が続いておりますが、お変わりございませんか。
私は、これまでの約一ヶ月間、世界中がワールドカップの勝敗に、興奮している中、

選手の頑張る姿に励まされ、日夜、NYスケッチの仕上げに精をだしておりました。
決勝戦終了と同時に、私も筆を置きました。終了です!やったー!

そして、TVの上に長男の八十助(冒頭の写真のネコです)を座らせ、

4年後のワールドカップまで、元気でいられるように、

願かけのつもりでイタリアの選手たちが、ゴールドカップを手にした映像とともに、撮影しました。
かれも14歳。最近、大分痩せてきて、持ち上げたときに感じる軽さには、ちょっと、不安になるのです。

けれど食欲はあるし、良い子ですから、きっと、神様が守ってくださるでしょう。

絵って本当に、難しい!
彩色して生きる絵。彩色して、魅力が半減してしまう絵もあり、ずいぶんと迷わされましたけれど、

一応、完了です。

本日、加工され、額装された状態をチェックに出向きました。
馬子にも衣装。既に、私の身体から、すっかり離れた作品となっておりました。

来週には、NYの社内の壁面に飾られるのです。皆様に気に入られることを、祈ります。

NYに谷中の「ねんねこ家」さんの久芳さんが、私の後についてきたことを書きました。
彼女は最初の頃は、疲れもあって、ちょっと心配なところもありましたが、なんと、50日も滞在。
その間に「久世さん、紀伊国屋にお知り合いはいませんか」との連絡があり、

私は「女は度胸、 あたって砕けろ」と、励ました結果、

既に、ロックフェラーセンター向かいの紀伊国屋の2階にネコグッズのコーナーを持ち、

来年の6月には、個展ということにまで、発展できたのです。

人間、その気になれば、道は開ける。

他のことも含め、彼女の行動には、人生を感じさせられておりました。

私にとっても、彼女のNY滞在により、助けられることもあって、

このめぐり合わせには、感謝です。

(ねんねこ家でぜひ、検索なさってください。彼女のHPには、NYのネコたちの写真入りで楽しめます)
おまけに彼女の来年の個展と、同じ時期、

私も4年振りに「ソサエテイ オブ イラストレーターズ」で日本人グループによる展覧会が

催されることになりました!
又、一年後、NYへゆけるチャンスがもてそうです。
さー!これからは、もっとしっかりと、歩まねば!
皆様もどうか、暑さにめげずに良い日々をお過ごしくださいね!

2006.7.1

昨年の7月2日は 近くの公園から泣き喚くリナちゃんが届けられ、わが子となった記念日です。

はや、一年が経過しました。
小さな毛玉の天使は、現在は丸々と太り、長毛の為、我が子の中で一番の貫禄!

たぶん10キロはありそう。

太い手、足。肉球の周りに伸びる毛。

ルーツは北国。辞典でしらべれば、ノルウェイジャン、フォレストキャット。
彼女、いえ彼(どう眺めても、女王の風情)の遊びといえば、

ブラッシングして抜けた、毛を集め、まるめた毛ボール遊び。投げれば、口にくわえ、私の手元にポイ!

又、投げてよ。との繰り返し。

このお付き合い、結構、辛い。

ブラシから、毛をはずす間の早くしてよ。との催促、等など・・・
アー、この愛らしさ! ネコを知らない方がたに味わって欲しい。
ただ今、多くの子猫が、幸せを求めております。又、大変なシーズン到来なのです。
どなたか、お父さん、お母さんになって頂けませんか。

「杉並区 猫の登録義務化に対しての見直し」の陳情の為の署名活動の締切は7月末となりました。

どうぞご協力お願いいたします。