ホーム>ネコ日記>2007年6月

2007年6月

2007.6.25

フーちゃんのリードをはずし、自由に遊ばせたところ、

我が家に静けさが戻り、本当に、助かりました。静けさって、何と、素晴らしい!
姿を目にし、「ふーちゃん!」と、呼べば、犬の様に突っ走ってくるので、

車にだけ注意してくれれば、これで良いこととしました。

あとのことは、神様におまかせです。

そんな中、新ネコ、コナちゃんが脱走してしまったのです。
このあたりの地理も知らず、人にも慣れていないので、本当に心配でしたが、

ちゃんと庭に戻っていたのです。

どのように捕まえるかと心配でしたが、ご飯を上げ、食べてる最中に軍手をはめ、

両手で背中から持ち上げましたところ、噛まれずに、難なく家に入れることができました。
やっと、これで我が子となったと確認できました。

その事件からは、大分、私には慣れたようで、私の姿を見つけると、寝転んで甘えます。

が、首輪を付けられるまではもう少々、時間が必要なようです。

実は、もう一匹、雌の仔ネコがやってくるかもしれません。

とても無責任な飼い方をした為に、いっぺんに14匹の子猫が生まれてしまったという事件有り。

コナちゃん、リナちゃん、フーちゃんの気持ちをなだめられるか、

テストにもなるかもしれないので、一匹、引き受けることにしたのです。

子猫により、きつい性格のネコが優しくなるケースもあるのです。

実際は、ネコは2匹飼いが理想です。
3匹、4匹、5匹と増えると、ジェラシーにより、争いが起きます。

やむなく多頭飼いにはなりましたけれど、それぞれの個性は、実に魅力があり、面白いですよ。

語りつくせないので、ぜひ、逢いにいらしてくださいませ。
子猫は、7月1日に来る予定です。
又、ご報告いたします。どうなることやら…

2007.6.15

紫陽花の美しさに心打たれる季節というのに、この猛暑は本当にクレイジーですよね!

皆様、お変わりございませんか。

我が、困ったフーちゃんには、またたびつきネズミではおとなしくなりませんでした。

何んせ小さいため、すぐにどこかに消えてしまいます。

ライオンの泣き声の真似したりしたとて、リナちゃんがびっくりするだけで、彼には効果なし。

他にもあれこれ試しましたが、結局は、勝手に遊びに行かせることになりました。

リードでの散歩では、彼のエネルギーには、とうてい足りない。

満足しては戻ってくるので、ご近所のネコ嫌いのご主人に怒鳴られるかもしれないけれど、

まあ、その時又、考えることにしたのです。
そのお陰で、大分、我が家も静けさを取り戻すことが出来て、ほっとしています。

本日、「猫びより」の編集者とライターさんがショップを訪れてくださいました。
9月号に、2ページにわたり、私の世界をご紹介してくださるそうで、

下見と、打ち合わせのつもりが、せっかくなので、あれこれ話しているうちに、全て、終了!

ネコを飼えないお二人だったもので、わが子達には満足してくださったようです。
9月号では、「CATS」でも、エジプト紀行が掲載される予定ですし、有り難いですよね。
ショップが9月に15周年を迎えるため、本当に、メデイアのお陰でここまでこれたとも思えるので、

感謝の気持ちで一杯!励まねば!

池袋コミュニテイカレッジでの、子供創造教室の講師は、2ヶ月前に終了させました。

生徒が少なくなりましたし、もっと、自分の為の時間が欲しいからです。
けれどご近所の子供達は、毎日のようにネコと遊びたくて、やってきます。
余裕があれば、ネコの絵を描いてもらったり、ネコに対してのアドバイスをしたりしています。

早起きできれば、保育園児がお散歩時間に家の前を通るので、

ネコを少しでも知って欲しくて、リナちゃんを触らせたりしています。

子供たちのきらきらした、喜びの瞳には感動させられますよ。

子供には、ネコ嫌いはいない筈です。

大人が洗脳させてしまう為、大切な出会いと云えると私は思うのですが、いかがでしょうか