ホーム>ネコ日記>2008年2月

2008年2月

2008.2.18

昨日「旅チャンネル」西武池袋沿線編が放映されました。
TVの反響はとても有りがたく、感謝ですが、

自分の姿、話しかたを目に、耳にするのは、実際、恥ずかしいものです。

まあ、こんな自分だから仕方ありにゃせん。
大体私の考えは、作家はあくまでも裏方で、余り顔は表に出すべきではないとしているものなので、

ちょっと辛いところです。

実は、キャプションに誤りがありました。
コルゲンコーワの2代目、「ケロちゃん、コロちゃん」が、ケロちゃんのみでした。
我が愛猫のララちゃんが、フーちゃん、4歳と、間違えております。

又、ソクラテスがヘラクレス!となっていたりで、とても残念です。
商品の価格もうっかりして、ショップだけのサービス価格でした。

それに対しては、自分のミスでもありますので、TVをご覧になってご注文頂いた方には、

サービス価格といたします。
一応担当者に伝えましたが、今更、訂正は出来ないのでしょう。
再放送は何度も行われるそうですから、困りましたね。
ま、次回は充分に気をつけるべし!と、反省しております。申し訳ございません。

話変わって、我が家の玄関前にはノラちゃんの為にご飯を毎夜、置いていて、

毎年のように冬になると、狸がそれを食べにくるのです。

裏の奥さんが狸が食べてる後ろで、フーちゃんが、唸っているのを目にしたそうです。
又、狸が来てると感づくのは、ご飯を入れてるボールを蹴飛ばすのか、

カンカンカンという音で、気づきます。

庭のブドウ棚には、鳥用の餌台があり、

1月にはいると、ミカンとリンゴをメジロの夫婦がついばむ姿を楽しめます。

今年は珍しいことに、ウグイスもやって来て、びっくりしました。

ウグイスは時期が来て、始めてホー、ホケキョと鳴くそうで、今はまだ鳴き声の練習期間だそうです。
ぜひ、ミカンやリンゴを置いてみてください。ほのぼのとした光景を眺められますよ。

2008.2.10

フーちゃんはあれから、飲まず、食わずが数日続き、

医者の診断により、点滴と、血液検査をしてもらいましたが、原因が解らないとのこと。
私の判断では、鳩を口にくわえた際のウイルスが原因と思われるのです。

前回もリンパが腫れましたからね。困ったものですが、現在はすっかり元の元気君になりました。

2月6日~8日まで、実はやっと湘南里帰りが出来ました。
中々、チャンスがつかめん為、2回目の大磯バスツアーに参加。

旧吉田茂邸と島崎藤村邸を見学した後、

私が暮らしていた所の斜前、松並木で私はツアーから離れ久々大磯を散策。

西行法師庵の鴫立沢は、残念なことに12日まで改装工事の為、見学不可!

只、茅葺屋根が葺きなおされ、美しい姿は通りからも充分味わえた。

その足で通っていた幼稚園を訪ねる。

現在は教会だけで、幼稚園はとうの昔に閉園。

三角屋根のそれは可愛らしいこじんまりとした教会で、

しばし、スケッチをしながら当時のことを思い出しておりました。

大磯駅に出て観光案内所を訪ね、以前、大磯に住んでいて…

と、一人のご婦人と話していた所長さんに話しかけたところ、

そのご婦人が「あなた、久世さん?」と!訊かれたのですよ!
何と、幼稚園の先生をなさってらした方でした。
私が出た後に勤務なさったらしいのですが、母のことをよくご存知で、

私のことは学校の先輩たちから、活躍をきいていたとのこと。

昔の大磯がいかに素晴らしかったかを、語り部としてなんらかの形で残したいので、

その際には協力してねと、頼まれたのです。びっくりでしたよ!

その後、TAXIで、今回の旅の目的である二宮の友人宅へ、ご両親のお見舞いに出向きました。

思っていたよりお元気で安心し、一路、葉山へと移動。

御用邸近くの常宿「大海荘」へ友人の中村さんが車で送ってくれました。
翌日の朝目を覚まし、障子を開けてびっくり!

テラスの縁にそれは大きな青サギが朝日を浴び、輝くようなお姿を見せてくれたのです。

白鷺しか見たことがなかったもので、カメラを構えたら、向かいの松の枝に移動してしまいました。

残念!

朝食を済ませ、テラスに目をやると、何と、今度は、白ネコが座っている!何と!幸せ!
このあたりのノラだそうだけれど、愛らしい顔立ちのきれいなネコです。
ノラといえば、前回、天皇陛下がネコ好きと知りましたが、

美智子妃も可愛がっていたノラがいたそうです。

お二人ともネコ好きなんですよ!嬉しいですよね!
大海荘の近くには「葉山猫美術館」が出来たのですが、

開館日が、土、日、月のみの為、見られませんでした。
他には、大海荘から、ほんの数メーター先に気功の先生もおりまして、

精神、身体の為にも私にとって、大事な場所なのです。ぜひ、おすすめします。
大海荘 (TEL0468~75~1241)

葉山と大磯は湘南でも大分、異なります。
葉山の空はトンビが大きな翼を広げて飛び通っておりますが、大磯には全く、トンビはおりません。

まして、青サギなんて、考えられない。わかめ漁もありません。
葉山は太陽が水平線に沈みます。それはそれは美しく、これが見たさに葉山にくるのです。
が、今回気づいた事に、葉山から眺める美しい富士山は、大磯の上に重なって見えるのですよ!

8日帰りがけに鎌倉、十二所にお住まいのムサビの先輩、石丸雅通さんを訪ねました。
彼の作品はご存知と思います。
銀座、和光のウインドウに大きな動物や、鯨を飾った方です。
20年数年振りのお宅といったら!山の中腹にそれは巨大な鯨が横たわり、

玄関先にもサメが迎えてくれまして、

重厚な鎧のようなドアを開けたらば、石丸さんは、日本のガウデイか!
SALON DE 酔鯨館、石丸雅通ミュージアムを検索してくださいませ。
(TEL 0467~25~0687) ここへもぜひ、お訪ねくださいませ。
友人の中村さんもびっくり!二人して、キャ、キャと、大騒ぎ!ごきげんなひと時でした!
こうして、久々の湘南旅行終了。又、海の傍で暮らしたいなあ!海ってほんに素晴らしい!

 

2008.2.1

早いもので、2月に入りました。
2月と言いますとネコ好きにとりましては、2月3日の猫祭りです。
落合の自性院にて節分祭と同時に、この日だけご開帳される猫地蔵の法要が行われます。

詳しいことは、ぜひ、検索なさってお出向き下さいませ。

我が、元気もののフーちゃんは、実は、子年の元日に入る少し前、ネズミを私におとしだま!

それから半日後、お雑煮に使ってくださいと言わんばかりに、鳩を一羽めぐんでくれまして…。

一昨日、もう一羽の鳩が…。
猫のひたい程の庭には、お墓をつくるスペースが足りませぬ。
下手に掘りまして先輩の亡骸にあいそうで、恐々の墓堀人となりまする。

その為でしょうか、昨日より全く元気がなく、食欲もなく、借りてきた猫の様。

竹炭を飲ませて様子を看ているところです。