ホーム>ネコ日記>2008年6月

2008年6月

2008.6.29

残された子猫ちゃんも里親さんの元へ、去って行きました!
愛らしい子猫ちゃん達だっただけに、ちょっぴり寂しくなりましたが、

やっと、元の静けさに戻り、ほっとしています。
次から次へと、ラッキーでしたよ!

けれど、又、12匹と5匹の追加の連絡が入っております。
又、どうか宜しくお願いいたします。

2008.6.25

預かった2匹の内の一匹、雄ネコちゃんがご近所のジャズ喫茶「BUNKA」オーナー山口さんのお母様にもらわれて行きました。それはラッキーなネコちゃんですよ。
 
けれど残されたネコちゃんは、それまで寄り添って眠っていただけに寂しそう。我が子たちの慰め方は乱暴だし・・・モカ色の可愛い雌ネコです。
きっと、良い方が見付かるでしょう。しばらくは私の子供です。
 
そこへ、入間のボランテイアさんからポスターが!
何と!13匹の子猫の里親さん募集!と!
 
これだけ多くの方々が、捨てるのですよ!
ひどいと思いませんか!
種類はいろいろです。お願いいたします。

2008.6.23 No.2

ココちゃん、今夜、捕獲成功しました!
今頃は赤ひげ動物病院のケージの中で、震えているのかもしれません。

ココの為でもあるのだし、我慢してね!

2008.6.23

とうとう梅雨も本格的になり、たちまち風邪をひいてしまった私ですが、

皆様はいかがでしょうか。

5月28日に拾われて来た、白い毛玉の天使、それは愛くるしいミルキーちゃんは、

昨日素晴らしいご家族のもとへ参りました。

予定していた方はちょっと問題があり、それに気付いたその日に赤ひげ動物病院のご紹介で、

お訪ねくださったのです。

ところが、21日、南大泉で保護されていた4匹の兄弟の内、2匹を預かることとなり、

1匹去っても2匹と増えてしまいました。

それも美しい縞柄のトラ猫です。

寄り添って眠る姿は、とろけるように愛らしい。

ミルキーちゃんも2匹で飼われれば、ネコの愛らしさが倍増するのですが、どうなりますか。

子猫に対し、我がネコ共のフーちゃんは感受性が鋭い子の為、ちょっと神経質になり落ち着かず。
ララちゃんは、友達ができたもので、おもちゃのように扱う為油断ならず。
リナちゃんは、又しても首根っこを銜え、何処ぞへ隠そうとするので、不安。
コナちゃんは、フーフー、シャー!と、鳴き声をあげ、避けさせる。
コーちゃんは、珍しいことに興味深々。
それぞれの反応はとても興味深いものです。

2匹はすでに乳離れしている為、とてもらくですが、何としてでも里親さんを捜さねばなりません。

どうか宜しくお願いします。

ノラ猫援護の方は、一時、8匹となりましたが現在、又、2匹増え、10匹となりました。
一匹はBLACK END WHITE ネコの為、「ニッカ」ちゃんと名付け、

21日、小雨降る中でも捕獲成功。手術完了いたしました。
もう一匹のネコは、グレーと白のサバトラネコで、中々、可愛らしい顔立ち。
名前を「ココ」ちゃんとしました。このネコも近じか、捕獲いたします。
ココ、シャネルは幼児の頃、妹と孤児院で暮らしていたそうで、お借りした次第です。

このシーズンはネコにとっても、我々にとっても雨の中の活動の為大変ですが、

岩手、宮城の震源地の方々のことを思えば、大した問題ではありません。
自然災害は恐ろしいものです。だからこそ、自然を大切にしなければなりませんね。
長くなりました。お読みくださって、ありがとうございます。

2008.6.3

早、梅雨のシーズンに入りました。
ノラちゃんご飯上げは、ネコにとっても辛いシーズンです。

先週保護した子猫は、とっても元気でよくミルクを飲みます。
これまでのウンチは、ソースのようなものでしたが、

本日のウンチは、カリカリフードのよう保護することにいたしました。
何たって白猫のせいもあり、まるで天使のような愛らしいネコなんですよ。

熊森協会の森山まり子さんが「クマともりとひと」という、ご本を出されているので、

注文し、届きました。

改めて森山さんと、生徒たちの情熱には、感慨無量です。本当に立派です。
森を守ることは、動物だけでなく私達自身を守ることなのだと、とても解りやすくまとめられてます。

イラストもとても温かく、子供も大人にも楽しめる本となっております。
ぜひ!読んでください。

森山さんの活動はこの国の未来に夢を持たせてくれます。
自分も何をすべきか、きっとヒントになるでしょう。
1冊100円 、100冊未満 送料300円です。

本のご注文先は、FAX:052-581-5008 担当者 川嶋様です。
Eメール:kumamoribook@dokomo.ne.jp
ぜひ、多くの方々にお読み頂きたい!お願いいたします。