ホーム>ネコ日記>2009年3月

2009年3月

2009.3.23

ショックで言葉にもなりません。
22日、大磯の吉田邸が全焼!とは!

私は23歳迄、大磯で育ったものでして、吉田邸は大磯の住人にとっては、宝のようなもの。

へそというか、根っこでもあり、柱のような重要な存在でしたから、残念で、悔しくてなりません。
住んでいた当時は、お屋敷の中を拝見するなど、興味はあっても出来ることではなかったので、

昨年、一昨年と、東京新聞のツアーで訪問いたしました、目に入れたものが全て、消失したのです!
火事は本当に恐ろしいですね。
不思議なめぐりあわせで、最近、大磯の歴史を語る会が誕生し、

風の会として、ご連絡を頂いたのが、消失直前だったのです!
何ということでしょうか。悲しいですよ!

ネコの話しにしましょう。
ネットショップのお客様で、西表島の方がおります。
彼女は20匹のネコと、レストランで働いております。
そのネコの一匹、カケフちゃんは何と!26歳!だそう。
母親(享年)23歳。双方の名前を合わせ、店の名前は「カケタ」kake.ta だそうです。
名物ネコちゃんだそうで、旅をなさったら、ぜひ、お訪ねくださいませ。
私も行きたい!です!

2009.3.9

寒暖の差の厳しい毎日ですが、お変わりございませんか。

我が子、7匹は皆、元気です。
7匹目のハナちゃんに対しては、リナの目つきは厳しく、ララはファーフアーと、威嚇するばかり。

コナちゃんが大分、落ち着いてきましたから、ハナちゃんも後一年も経てば、変わってくるでしょう。

長い目でみるしかないです。

1日のNHK、ETV特集「多摩川に暮らすホームレスの猫達」をご覧になった方も多いことと思います。
カメラマンの小西修さんは長年、奥様と共に多摩川沿いで、

ノラ猫、ノラ犬、ホームレスの支援をなさってる。そのドキュメントでした。
涙ぐましい活動には感動させられ、私の仲間は、小西さんを訪問までしたようです。
大変な反響だったそうですが、お二人にとってはあまり騒がれるのはご迷惑でしょう。
小西さんの為には、写真集を購入して差し上げたほうが助かるのだと思います。
ぜひ、検索なさってみてください。私も本を購入するつもりです。

「ちよだニャンとなる会」の代表、栗原環さんは、高校の先輩です。
以前より噂は耳にしておりましたが、昨年、目白駅前開発に関する署名協力願いをきっかけに、

ご連絡させて頂き、親しくなりました。
栗原さんの活動もぜひ、検索してください。

もう一件、おせっかいな私から、「派遣ユニオン」もお願いします。
ほんの気持ちを寄付しましたところ、スピーデイーにきちんとお礼状が届きました。
お忙しいでしょうに、そのお心遣いに又、感動しちゃいました!
仕事、住む家まで失った方たちは、本当にお気の毒です。

その社会現象が、ネコたちにもかぶってくる為、深刻な問題です。

人として何か社会に対して気付いたことを、少しでも行動することは大切だと思います。
一歩歩み出すと、社会が見えてきます。
選挙に出向かないなんて、出来なくなるのです。無関心でいられなくなります。
税金返せ!と、叫びたくなります。
歌でも作っちゃいたいですよ! 一日一歩、三日で三歩…、違うか…