ホーム>ネコ日記>2009年9月

2009年9月

2009.9.23

連休を楽しまれましたか。
私の方は、ショップが17周年を迎えられ、ホッとしております。
ご来店頂いた方、ありがとうございました。
20周年に向け、何とか皆様に喜ばれるように務めますので、今後とも宜しくお願いいたします。

21日問題の脱走コナちゃん!ご帰還です!
お隣の縁の下に住み始め困っていたところ、そこをブロックで塞がれた為か、

鉄砲玉のように飛び込んで参りました!
本当にこの期間、ストレスだったので、ようやく安心して生活出来ます。
他のネコ達と接しないように、個室をこしらえて安心させてもおります。

一方、子猫のチャ子ちゃんは、元気が良すぎて室内でもリードでつないでいるものの、

手の届くもろもろを倒したり、こわしたりで私は掃除婦として、こき使われてます。
ところが彼女、まるで天の使い。
埃がたまり、掃除の手を省いているところばかりを狙っているよう。
神様が掃除せよ!と、チャ子に命じさせているようなんじゃ!

室内飼いの場合、早いとこリードになれさせると、とても楽ですよ。
散歩も出来るように、練習させるのです。
お試しくださいね。

2009.9.13

コナちゃんが戻りません!
必ず顔は見せるのですが、逃げてしまいます。
ご飯は水と一緒にお隣の塀際に置きました。食べてはくれているので、おなかのことは心配ないですが、

今日のように雨降りですと、本当に可哀想。室内飼いで生きてきたネコですから、

雨に打たれることは、生まれて初めてでしょう。

3年でやっと、自ら私の膝に乗ってきて、甘えてくるようになったのに、困ったことです。
こうしてノラになったネコもいるでしょう。
他のネコをケージ、リードでつなぎ、窓を全開して待つのですが、中々、戻ってきません。
本人は家に戻りたいのです。が、気が弱く難しい性格なもので、尻込みしてしまうのでしょう。
寒くもなってきましたし、何とか戻って欲しい!

2009.9.8

実は、6歳で捨てられたコナちゃん。現在、9歳になります。
日曜日の晩、脱走してから、戻りません。
お隣のお庭にいるのを、本日確認出来たので、捕獲器をかけています。

難しい性格の子なものでこうなりますと、大変です。増して、お隣はネコ嫌い。

困りますとおっしゃられても…。クスン。

昨年、アパートに捨てられたおじいさんネコのハナちゃんは、

5日前より、表のダンボールハウスで暮らしています。
仲間と反りがあわず、かなりのストレスだったのでしょう。
エイズらしき現象が目の周り、口元に現れていたのが、すっかりきれいになってます。

ともかく、成猫を捨てるのは、酷です。
子猫でしたら、時が経てば次第に仲間とも何とか慣れますが、特に、雄は難しい。
喧嘩っ早いし、問題をおこしやすい。
コナちゃんは雌ですが、小心もので、油断するとすぐに噛み付くのです。

大分、慣れてはきたのですが、とても残念です。何とか、捕獲出来るとよいのですが。

さぞかしおなかも空いてることでしょう。可哀想でなりません。

ハナや、コナちゃんのようなネコは、仲間のいない一匹生活が望ましいのです。
捨ててったもとの親が、本当に憎いですよ。
彼らはもとの親の元に行きたいのでしょうに。
明日は解決しますように…

2009.9.6

昨年の日記に「日本熊森協会」に関して、お知らせいたしましたが、

昨日、中村雄太さんという方からのメールが届きました。
彼は関東支部の支部長になられたとのご挨拶と、会のお知らせでした。
中村さんは今年の1月の「ビッグイシュー」に会に関しての記事が掲載され、

それをお読みになって入会なさったそうです。
私もその号を読み、その記事に又、新たに感動していたのです。

せっかくですので、私の挨拶と、会に関しては本を配るボランテイアしか出来ないのです。等など、

メールいたしましたところ、早速お返事をいただき、何と、以前、保谷にお住まいだった。

お母様と私が同じ年。さらに猫好きだそうで、とても嬉しくなりまして今日の日記と致しました。

どうか皆様、日本熊森協会を知ってください。
本当に素晴らしいご活動をなさっております。
「ビッグイシュー」の本もとても良い内容ですし、多くのホームレスの救済になります。
まだお買い求めなさってらっしゃらなかったら、一冊、300円です。

コーヒーと、ケーキを我慢して、協力しましょ!