ホーム>ネコ日記>2009年12月

2009年12月

2009.12.26

クリスマスはどのようにお過ごしでしたでしょうか。
私ときたら…!

イブの日のこと。
突然、ご近所の方からTELあり。
子猫が震えていて、このままだと死んでしまいそうなんです。
そちらで何とかしていただけないかとの内容。
この時期に又ですか!
外出間際でしたので、すぐにお届け出来るのでしたらと、お連れいただいた次第。

何とまあ、愛らしい顔だち、ホワンホワンの毛並み。まるで汚れたぬいぐるみ。
色は淡いミルクコーヒー色。ブルーの目。ブランドネコか。
ほぼ生後、2ヶ月か。
こーちゃんのケージを借り、まずはお顔をふく。
鼻は風邪の為、ぐしゅぐしゅ。
早速、粉薬をフードに混ぜてあげた。
よく見ると、髭がハサミで切られてる。
いたずらされたのか。
耳が大分汚れているので、捨てられてから大分経過しているのでしょう。
この寒空のもと、よく生きていたと、哀れでならない。
ともかく風邪をなおし、数日前に失礼した長谷川さんに里子に出せるようにしなければ。

感の強いララちゃんだけがうーうー唸りっぱなし。
リナちゃんは興味深々。
こうして、我が家は9匹!クリスマスいえ、クルシミマスデイでした!そうでもないか。
何てたって、キャワイイ!
明日はチャ子ちゃん、抜糸です。

2009.12.19

ショップは本日で年内の営業はおしまいです。
ありがとうございました。
また、来年も宜しくお願いいたします。

久々、お役立ち情報として
ネコちゃんに薬を上げるのが大変な方。
錠剤を粉末にして、缶フードに混ぜます。が、感の鋭い子は難しい時もあります。
その際には、削りかつおを混ぜると、薬の匂いが消えてやりやすいです。

リフォームに関してですが
画材店にアクリルカラー、又は、アクリルガッシュという、チュウブの絵の具が販売されてます。
私の制作は殆ど、ガッシュのほうを使っているのですが、ショップの床、ドア、壁などに使っています。
ペンキタイプは、乾燥に時間はかかりますし、シンナーで溶いたり、洗浄しなければならない。

おまけに価格も割高。
その点、アクリル系は水溶きの為、乾燥は速く、筆荒いも水、又は、お湯で簡単ですよ。

乾燥すれば耐水になりますから、安心です。
大掃除で気になるところを、ちょっと塗るだけで、とてもきれいに変化しますよ。

革製のバッグなど、持ち手や、角の塗料が薄くなっていませんか。
それは靴墨でもよいのですが、画材店に革用の塗料が販売してます。
とっても簡単に生まれ変わりますよ。

ぜひ、お試しくださいませ。

2009.12.15

本日チャ子ちゃんは、不妊手術を致しました。
母として、初めて見学させて頂くことにしたのです。
手術台の上、麻酔をかけられ、横たわる愛しいチャ子。
愛らしい両手は、ロープで左右につねがれ、口には麻酔のパイプがセットされ、

手術の箇所だけ穴の開いた、カバーをかけられておりました。
バックグランドミュージックは、シルビー、バルタンの愛の歌でした。

私の場合はアベ、マリアでした…

徐々にメスが入り、ピンク色したきれいな皮膚、から、赤い内臓が見えます。

メスで子宮をつまみ上げると、まるで腸のように長くて、通常より4倍も太くなってるとのことでした。

子宮が長い為、何匹ものネコが生めるそうです。
卵巣も排卵前の為、大きくふくらんで表面にブツブツしたものがありました。
傷口をふさぐところで、さよならしたのです。
明日の昼ごろ、退院です。

ともかく発情の泣き声は、苦しそうで聞いてはおりましたが、大変な騒音です。

これまでのネコたちは、盛りが来る前に手術をしていたため知らず、私にとり、初めての経験でした。

大昔は耳にしてたのかもしれませんが。
それをリナちゃんがお相手をしてくれたため、とっても助かりました。

山を越えたらしく、昨日はとても落ち着いて、元の静けさに戻り、ほっとさせられたものです。
帰り道、植木屋さんがせんてした、杉と、赤いきれいな山茶花が山ほど道端にありました。
あまりに杉の緑と、山茶花の赤く美しく、思わず何本も拾い持ち帰りました。

それにしても、花の盛りにどうしてせんてしてしまうのか。 私には疑問でした。

実は二匹の白いネコの姉妹は、保護していた方のもとに戻されてしまいました!
せっかく嬉しい別れでしたと、書きましたが、

彼女の心配の理由が何と、男一人で二匹も育てられるのかということだったのです。
お忙しい中、会社がご自宅と近いといっても申し訳ないとのこと。
そのお忙しい方へ、職場にですよ、何度も電話で様子を伺っていたらしく、

どちらが迷惑な行動でしょうか。

私には、保護していたネコの中に、白血病の子がいたので、血液検査をしたいので、

一旦、戻していただくとのことでした。
ところがその後の連絡が、実は…と、上に書きましたような結果のなっていて、

私に連絡がはいったのは、事後報告だったのです。
なんという失礼な先入観でしょうか。
初めて飼うのでもなく、生後3ヶ月も成長しているネコですから、心配はありません。

7月に里親さんになられた寺崎さんに渡した子猫はもっと幼く、

哺乳瓶をまだ恋しがっているような状況だったのです。

それでも愛されてすっかり成長し、オスだけは手術済み。メスはこれからだそうです。

男だからというその差別感。
長谷川さんとまだ、お話はしてませんが、さぞかしがっかりなさってることでしょう。残酷なことですよ。
同時に思いましたよ。
先生に対してのモンスターと言われる父兄の姿が見えるようです。
これからは充分に私も注意をせねばなりません。

ともかく勝手な人が多すぎます。
子ネコを拾ったからと、丸投げでよこす人。
後のことなど何もお考えにならない。
挨拶もない。
お子様に対して果たして親として、それで良いのでしょうか。
皆様はこうしたことに対して、どう思われますか。
一年の総括として、書いてしまいました。お不快に思われたら、ご免なさい。

2009.12.10

昨日、ネコ仲間が保護していた白い子猫の姉妹が、

お世話になっているデザイナーの田中さんのアシスタントである長谷川さんのもとへ

里子となって去ってゆきました。
二匹が共に里子としてもらわれたのは、7月10日ダンサーの寺崎さん以来のことです。

田中さんは双子さんで、兄弟2人で会社を設立したばかり。
長谷川さんは、会社の近くにお住まいの為、時たま会社にもネコを連れてゆくことでしょう。
何せ、経営者が双子ですから、子猫も一緒です。
きっと、3人で大切に育ててくださることでしょう。とても嬉しい別れでした。

子猫のチャ子ちゃんがいつの間にか、大人になっておりました!
ちびちゃんなので、まだ先かと思っていたところ、

3日前ほどから、泣き声がやかましく、とうとう来たかと、獣医さんに予約。
月曜日に手術となりました。

先ほどのことです。
リナちゃんがチャ子の上にかぶさって、びっくりさせられましたが、リナは手術済み。
慰めになればと、勝手にさせてます。
リナは不思議なネコです。
子猫を口でくわえて、どこぞに隠そうとしたり、父性愛の強いネコなのでしょう。
ともかく8匹もいると、それぞれ異なったネコの生態を見せられて面白い。。。。。。!!!

と、ここまで書いている目の前で、はなちゃんが又、おしっこ!何てこった!

さっき拭き取ったばかりだのに。。。

フーちゃん、昨日、一昨日と、鳩を死に至らせました。。。。。
私の制作は、まだまだ充分に至っておりません。
どうぞ皆様、良い日々を!

2009.12.6

メールは正常に戻りました。
ご迷惑をおかけしました。

2009.12.5

皆様 大変申し訳ございません。
ただいま、パソコンの故障のため、メールが使えない状態です。
また、電話機も故障で、留守電ができません。そのため、電話機交換も準備中です。
併せて、お願い申し上げます。 困ったニャ~!