ホーム>ネコ日記>2011年1月

2011年1月

2011.1.16

皆様、極寒の折、お変わりございませんか?
ノラちゃんへの夕飯お届けも、時には凍傷になりそうな指の痛さ!
けれど、ネコ達はたくましく、負けてはいられません。

我が、フーちゃん、先週でこの1月に入りですよ!
何と、鳩5羽、ムクドリ1羽を収穫いたしました。。。!!!
1羽はご遺体の周辺にびっくりするような大量の木の実を撒き散らしておりました。
これだけの数を、おなかに蓄えるのかと、ショックでした。
又、最近は味をしめ、首から胸にかけて、食べとるのです!
胴を食いちぎると、羽の処理が大変だはと、学習なさったようです。

*お役立ち情報です!
ネコのおもらしを、雑巾でふいたりしますと、雑巾に匂いがついてとても臭いです。
そこで本日、16日、試しました!
雑巾にパッパと、直接、重曹をつけて洗いましたら、あっという間に匂いが消えたのです!
生ごみの匂いにもきっと、効果がある筈です。
ぜひ、お試しくださいね!

*アートコンプレックスセンター展は、終了いたしました。
100名の画家による展覧会は、若いエネルギーに溢れ、とても充実した催事となりました。

お越しくださった方、ありがとうございました。

受賞なさった作品は18日より、再度、展示されますので、ぜひ、ご覧になってください。
それは見事な作品です。
彼女たちは、まだ20代、将来がとても楽しみな方々ですし、

これからのアートの傾向も学べますし、いろいろと、参考になることでしょう。
詳しい予定は、検索なさってくださいませ。

2011.1.4

皆様、新年明けましておめでとうございます。
暮れから元旦にかけて、どのようにお過ごしでしたでしょうか?

私は例年のごとく、31日には合羽橋の友人宅にて、年越しそばをごちそうになり、

浅草寺へと向かい、仲見世の華やいだ雰囲気に浸りながら、家路へ向かい、

朝まで生テレビを耳にしながら、おせちの準備をしましてから、

4時30分に近くの天神社へと、手紙や、いらない写真の入った紙袋を提げて向かいました。

お参りを済ました後、その紙袋をお焚き火にて焼いてもらい、

甘酒をいただいて身体を温めてから、100円のじゃがバターを買い、

それをほうばりながら、月をながめつつ、信号無視して良い気分で家に戻りました。
せっかくなので、夜明けを待ち、以前、アトリエとして借りていたマンションの5階に上り、

窓から、雪をかぶったそれは美しい富士山を拝むことが出来ました!

何となく、今年は良い年になりそうな気がしてきましたよ。
どうか本年も宜しくお願いいたします。

7日、8日より、2箇所のギャラリーにてグループ展が開催されます。
ぜひ、お越しくださいませ。

久しぶりにお役立ち情報です。
皆様は、備長炭など空気正常の為、湿気取りの為に置いてませんか。
それも竹炭の場合は、繊維が細かい為、煮沸は一度行えば良いのですが、

備長炭はきめが粗い為、時たま煮沸しませんと、効果がなくなりますので、

ご注意くださいませ。
煮沸したの後、水分をふきとり、新聞紙の上にのせて、影干しします。
それを水の中に入れてみてください。
炭に沢山の水泡が気持ちのよいほど、つきはじめます。
我が家はネコ達の飲み水や、ポット、おやかん、炊飯器、冷蔵庫に収めます。

それと、水晶や自然石を身につけたり、飾ったりしてませんか。
それも一ヶ月に一回ほど、あら塩でお清めした方が良いですよ。
邪気を払う為だそうです。

あら塩はとても便利です。
私はお風呂場に必ず置いて、まずは湯船に入る前にポイ!
お湯が丸くなって、肌にやさしいのです。
それから、寝る前の歯磨きはあら塩です。
傷口、かゆみもあら塩です。滲みるのが薬と思い、きついのは我慢です。
消毒にもなりますし、直りも早いのです。

フーちゃんがネズミやら、鳩のハンターの為、埋葬する前にはあら塩でお清めします。
気になることがある場合にも、家の4隅に盛り塩をします。

風水の本をお読みになれば、もっと効果を指導してくれます。
風水はとても理にかなった占いといえますよ。
何せ、一番嫌われるのが、ほこり、汚れですから。
良い波動を生み出す為なのです。結局、ほこりによってふたをかぶせる事ですから、

良い波動は生まれない。
ほこりや、汚れが邪魔をすることなのですね。

ぜひ、お試しくださいませ。
私はいつも反省しているものですが。。。
良い新年でありますように。。。

 

ノラネコの救援活動

2003年10月3日に「動物達の幸せを願う会」を発足させ、近所のノラネコ約30匹の救援活動をしています。毎晩エサをやりに餌場をまわり、すでに50匹以上の避妊手術を成功させました。餌やりのついでにポイ捨てタバコやゴミの清掃も行っています。

「動物達の幸せを願う会」では、自分たちが住む街に誇りが持てるよう、ネコを通して環境保全をアピールしています。これ以上ノラネコを増やさないようにしましょう。そのためにはまず、飼い主の方々にネコの避妊手術をするよう、強く求めます。

ノラネコの救援活動については、こちらもご覧ください。