ホーム>ネコ日記>2011年10月

2011年10月

2011.10.30

昨日のチャリテイーバザーは天候に恵まれ、

多くのお客様を迎えられて、とても賑やかに行うことが出来ました!

秋の売り上げは、平均して春に比べて低かったのですが、

今回は春を上回る成績でホッとしています。

これで被災地動物援護活動グループへも寄付できます。

本当に助かりました。

寄付を下さった方、お越しいただいた方に心から感謝申し上げます。

 

 

さて、27日の福島女100人座り込みアクションですが、

約720名の集まりとなり、それも大変な賑わいでした。

 

友人の歌手清家みえ子さんは、ギター漫談とは私の記憶違いでした。

彼女はドラマーでもあり、ギター片手に活動しているミュージシャン。

小柄な身体にもかかわらず、とても行動的で素晴しい女性です。

何せもとは、たこ焼き屋。

立ち退き命令に対して1年間弁護士相手に戦い、

勝ち得たお金でCDを制作し、歌手活動に歩んだおもろい経験の持ち主。

アクションの現場では、多くの心に沁みるオリジナルの歌を聴かせてくれました。

もちろんその他のミュージシャンもそれぞれのメッセイジを唄ったり、

非常に楽しく、エネルギッシュなデモでした。

 

嬉しいことに、確か映画「ミツバチの羽音と地球の回転」に出演なさっていた、

祝島の青年、岡本直也さんと名刺交換が出来ちゃった!

とっても笑顔がさわやかな方でした!

 

帰りには、とみ新蔵さんと彼が賛同している原発行動隊の3名も加わり、

楽しい語らいをしておりました。

実に充実した1日となり参加して本当に良かったと、思うばかりでした。

 

ともかく原発はいりません!

福島の悲惨さに対して、原発推進している多くの関係者は狂っているとしか思えない。

もっともっと多くの方々に賛同していただきたいです。

 

29日のアクションは、とみさんによると、27日よりもずっと人数も増え、

TPP反対デモ隊の方々と手を振って挨拶しあっていたそうです。

このアクションに対して記事となった新聞は「東京新聞」のみ。

TVでは全くとりあげられませんでした。

情けないですよ!

福島からわざわざ日帰りで3日も通いつめていた女性達に対して、

取材し、記事にするべきでしょう。

このことだけでも、いかに実態を隠そうとしていることが伺われます。

農家のことを考えるだけでも、今現在TPPどころではないでしょうが。。。

どうか皆様、なんらかの形で、行動を起こしませんか?

あとは民意でしかないのです。


ぜひ、「とみ新蔵」又は「福島原発行動隊」を検索なさってくださいませ。

行動隊員、賛助会員募集中です!

ご協力をお願いいたします。

 

10月ともお別れですね。

皆様にとってはどのような一ヶ月でしたでしょうか?

どうか素晴らしい11月を迎えられますように。。。

2011.10.26

10月も終わりに近いというのに、気温の高さは何ということでしょうか?

原発災害に関しては、政治、メデイアは全く、事実とかけ離れてますよ!

本当に大変なことが起きてしまったのです!

 

野菜など植物は、あら塩でつけ洗いしましょう。

飲み水をやかんにためて、備長炭で浄化しましょう。

我が家は浄化装置が設置されても行ってます。

なるべく生ものは避けた方が良さそうです。

こうして、放射能と共に暮らすことになってしまいました。

 

27、28、29日10時~15時迄、霞ヶ関経済産業省前にて

「原発いらない福島の女達100人の座り込み」アクションが行われます。

 

原発はもう真っ平! いますぐとめたい!

これが命を守る女達の本音です。

 

それをスローガンにして、叫びでなく「故郷」などの歌を唄うデモだそうです。

友人の、ギター漫談であり歌手の「清家みえ子」さんにご協力をお願いしたもので、

私は27日の午後出向く予定です。

もしもお時間がございましたら、お立ち寄りくださいませ。

福島の女性たちは宿が無く、日帰りだそうです。

ぜひ、カンパもお願いいたします。

 

2011.10.12

皆様こんにちは!

金木犀の甘い香りに包まれた良いシーズンを迎えました。

が、原発のことなど考えたり行動したりで、

なんともやりきれぬ思いで落ち着かぬ日々を送っております。
 

そんな中ですからなおさらに、

先日「大橋節夫」さんの「幸せはここに」の歌が聴きたい、

と書きましたところ、

友人が代わり に注文してくださったり、

YouTubeで歌も聴けるとの連絡あって、改めて検索してみたら、

何という時代でしょうか?

ちゃんとブログがあるではないの!歌も聴けるそうです!
 

原発やら仕事の資料などを探すのにコンピューターを活用していながら、

検索してみようかとは全く頭に浮かばなかったのです。

ああしたロマンテイックな世界とは、結びつけるのが何ともやりきれない思いもあります。

ぜひ、素敵な歌の世界ですので、味わっていただきたいです。
 

とってもダンデイな大橋さんとは、友人達と喫茶店でお話したこともありまして、

私にとっては懐かしい青春時代の思い出としても大切にしたいのです。

本当に昔は良い歌が山ほどありましたね。
 

今現在でしたら、NHKラジオ深夜便の歌、

八代亜紀の「デスティニーラブ ~運命の人~」。

これが又、グーなんですよ!

彼女のJAZZが聴いてみたい気持ちでウズウズしてきました!
 

ネコたちは皆元気にしとります!
 

おしまい!

2011.10.1

秋の夜は更けて。。。

すだく虫の音に。。。

疲れた心癒す我が家の窓辺。。。

静かに静かに幸せはここに。。。
 

ご存知でしょうか?

大橋節夫のハワイアンソングです。

私は目下とっても恋しい歌なので、CDを調べてもらいましたら、

ありませんそうで。。。

どなたかレコードでもお持ちでしたら、貸して欲しいです。
 

仕方ないのでネコご飯届けの帰り道、ポイ捨てタバコを拾いながら口ずさんでおります。

昔の歌は素晴らしい!
 

えー!

9月29日

岩波ホールにて「沈黙の春を生きて」を鑑賞して参りました。

レイチェル・カーソンが50年前、

科学物質は放射能と同じように不吉な物質で、

世界のあり方、そして生命そのものを変えてしまいます。

今のうちに科学薬品を規制しなければ、大きな災害を引き起こすことになります。

と警鐘した、大ベストセラー著書「沈黙の春」を、

ベトナム、アメリカ、いまだ癒えぬ枯葉剤の傷痕というテーマで、

坂田雅子企画監督により映画化したのです。
 

私は、昨年の10月に官元総理がベトナムに原発を売り込んだことで、

いまだ枯葉剤により多くの子供達が苦しんでいる国に、

被爆国であるこの 国が原発を推進するとは!

と!怒りを覚えて活動が始まりました。
 

人間はとんでもないものを生みましたね!

本当に悔しくてなりません!
 

我が家の周辺に住まう9条の会の集まりで、

原爆も原発も同じだと、いろいろと語りましたし、文章にもしました。

けれど企画者から、皆さん全く関心がないのよ。。。と、こぼされた。

そのうち3.11ですよ!
 

何なのでしょうねえ

私には全く理解が出来ません。

先日のデモだって、主催者は大江健三郎さんを含め9条の会の方々でしょう。

事件が起きないと行動しないのですか。。。
 

ぜひ、「沈黙の春を生きて」をご鑑賞くださいませ。

10月21日まで上映しております。

映像に写る子供たちの姿は、これから被災地でも起きることでしょう。

原発推進なさってる多くの方々は絶対に観るべきでしょう。

どのように責任をとるのでしょうか?許せないですよ!
 

最後にレイチェル・カーソンのプロフィールです。

1907~1964

数々のベストセラーを生み、1962年に代表作の「沈黙の春」を上梓。

1964年、癌により他界。

化学薬品産業に対して反旗を振り上げた勇気ある女性として敬服。感謝!

アル・ゴア氏は彼女がいなかったら、環境運動も始まることはなかったかもしれない

と、述べていたそう。

晩年、でぶっちょな黒猫ちゃんと暮らしていたらしい。

微笑ましいスナップに心安らぎました。
 

皆様にとりまして、良い10月となりますように。。。