ホーム>ネコ日記>2013年6月

2013年6月

2013.6.29

今月もおしまいですねえ!

暑くなって参りました。お身体ご自愛くださいませ。
 

映画のご紹介です!

毎度、チャリティーバザーのげ売上げ金から一部を寄付している

NPO法人「アニマルクラブ石巻」の代表、阿倍智子さんがご出演の

「犬と猫と人間と2~動物たちの大震災~」

只今、渋谷文化村近くのユーロスペースにて、7月5日まで上映してます。

ぜひ、被災地の動物たちの現状と、援護活動をなさってる方々のご苦労をご覧になってくださいませ。

本当に考えさせられます。
 

それにもかかわらず、寄付金を着服する人々の中には、

表向きは援護しているように見せかけ、裏で殺している人々もいるので、

どうか寄付する場合、充分におしらべの上でなさるよう、ご注意申し上げます。

情けないじゃありませんか?

原発と同じですよ!
 

映画に続いて、本のご紹介です。

「利休にたずねよ」 山本兼一著

            PHP文芸文庫 880円

日本が日本でなくなってきている。。。という著者のご心痛から、 利休を追及なさったとのこと。

日本人として、日本の美学を改めて学びましょう。

秀吉との葛藤のすさまじさ!とともに、茶の世界の魔力が、ひしひしと心に訴えてまいります。

小説「渋沢栄一」 津元 陽著

           幻冬舎文庫 上・下 各680円

今!現われて欲しい!人格者!

現在の経済界、政治家、官僚をもしも今、彼が監督してくださったら、どんなに罵倒されることか!

あまりに道徳感がなさすぎる!

経済には、道徳感が伴わなければならない。

余分なお金をもつと、人間はろくなことをしないと申しておりましたそうで、

私は以前より、尊敬しておりました。

利休も栄一も、ご実家が商人というところから、興味をもった次第です。

ぜひ、ご購読なさってくださいませ。

お勧めです!
 

お互いしっかり歩みましょう!

良い7月をお迎えくださいませ!

2013.6.3

梅雨は遅れてるようですね!

私の部屋の壁には、カレンダーがいろいろございますが、

壁にかかった日めくり招き猫のカレンダーは、我が心を表わすように、

まだ5月24日のままです。

困ったもんだ!

それだけ予定が思うように運ばない!または忙しすぎかあ。。。
 

30日に「TPPを止める!5.30国際シンポジウム」に、出向きました。

ゲストはニュージーランドでたった一人で、反対に立ち上がった女性、

オークランド大法学部教授、ジェーン・ケルシーさん。

韓国でFTA反対活動をなさってる3名の方々と、

TPPに反対する人々の運動の代表、天明伸浩さんの講演でした。

ともかく山田元農林大臣が嗚咽なさるほど、

TPPはアメリカにより日本の根底を崩す深刻な問題なのです。

憲法改憲と同様、もっと危機感をもって行動しなければなりません。
 

31日は「福島の叫び!」アクションにも出向きました。

全く進まぬ状況に福島の方々は力つきたようですが、

参加した人々の励みで喜んでおられました。
 

メデイアからの報告では、全く現在の状況はつかめません。

デモといっても、行進に参加しなくとも、自分の都合に合わせて行動すればよいのです。

実態を知るために、まだデモに参加したことのない方は、

ぜひ、散歩のつもりでもよいのです。一度、参加してみませんか!

今は、声をあげられるのです。いろいろな方がいらして、楽しさもありますよ。

憲法改憲されたら、できなくなるでしょう。

権力者が国民を押さえつけ、権力者にとって都合のよい日本にしたいのですから。
 

さて、久々、本のご紹介です。

「これを食べれば医者はいらない」

  若杉友子著 祥伝社刊 1,365円

健康のためには、まず、食生活の改善から。

日本人が昔から食した食べ物が、やはり大切なんですよねえ。

乳製品はまず、ダメ!

アメリカで暮らす友人も、申しておりました。

日本人がチーズやら、乳製品を食べるから乳がんになるのよと!
 

「ジベルニーの食卓」

  原田マハ著 集英社刊 1,470円

マチス、ドガ、モネなど、巨匠たちの生活感が心地よい情感をもって、

色鮮やかに蘇ります。

これまで目にしていた絵画の見方が変わることでしょう。

とても素晴らしい本を書いてくださって、著者に感謝の気持ちで一杯になります。

ちょうどモネの睡蓮のカレンダーが飾っても有るので、

描いていた時の気持を知り、嬉しくなりました。

ぜひ、お読みくださいませ。