ホーム>ネコ日記>2013年7月

2013年7月

2013.7.31

あ~全く月日の経過の早さには、本当に参ります。

暑さが戻りましたが、お元気ですね!
 

べべちゃんが他界しましてから、寝室にはミミちゃんが添い寝してくれております。

ひょっとすると、寄付しておりますアニマルクラブ石巻より、

キジトラ姉妹がやってくるやもしれません。

そうなりますと、また、騒動がおきるやも。。。
 

私はピエロが大好きで、昔、イタリアのピエロの学校の姉妹校が日本にありまして、

生徒になりたいと思ったこともありました。

残念ながら、閉校になってしまいました。
 

何年ぶりでしょうか、「ボリショイサーカス」を堪能してまいりましたよ!

ピエロはやっぱり楽しいです!観客をおとぼけで楽しませる技は、すてきです。

それにも益して、ワンちゃん、プードルの演技、

ネコたちの無理のない愛らしい演技には、感動でした!
 

その日から数日後、旧ソビエトが生んだ型破りなパントマイマーによる

「ミミリチ・パントマイム・シアター ~ペーパー・ワールド~」にて、

頬の筋肉が突っ張るほど、笑わせられました!

大きな大きな白一色の紙のカーテンを背に、白衣装の3人のピエロが、

白い紙をふんだんに使い、その中での演技の面白さ!見事さ!

観客と一体になり、演出のみごとなことったら!すばらしい!

新宿文化センターで8月3日、4日再演されます。13時開演です。

チケットセンターでお問い合わせくださいませ。

ぜひ!ぜひ!楽しんでください!

子供たちにとり、夏休みがさらに豊かなものになるでしょう。

学校の先生には特にご覧になっていただきたいです。

指導なさる方々は、ピエロ的感覚が大切ではないでしょうか?
 

ボリショイサーカスを観たあと、会場を出てから数分後、突然、雲行きが怪しくなり、

急に冷たい突風が吹き、雨が降りだしました。

両国の花火はどうなったかしら?と、心配でした。

翌日、浅草の友人に聞いたところ、開始から30分ほど経過して豪雨にみまわれて中止。

しかも今回の大会は、オリンピック招致PRを兼ねて通常よりも2000発ほど多く予定していて、

その花火がすべて、使用できない大損害をこうむったそうです。

関係者の方々には、深く同情いたします。

が、多くの観客の方々がずぶぬれだったとか。

どうしてでしょう。

最近の天候を思えば、傘を持参するのが常識ではないかしらん。

いまの方々は天気予報に頼りすぎでは?

動物的直感が絶えてるんじゃあないかしらん。

何につけても、情報に対して疑問を持たなくてはならないのが、現状です。
 

原発からの汚染水、いったいどうなるのでしょう。全く、狂ってますよ!

想像力が欠けているのでしょう。

海水がどういう状況か、情報など信じて海水浴なんて、恐ろしいことでしょう。残念ですが。

これまでどれほど騙されてきたか、もっと真剣に考えて行動すべきでしょう。

子供たちに対しての親、大人の責任は重大ですよ。

その情報をあやふやにする為か、政治家やメデイアは経済、改憲などに情報をそらしている。

本当に恐ろしい状況です。

世界に向けて、とても恥ずかしいです。

TPPにしても、アメリカと日本がリーダーシップをとって。。。ですって!!!

これって、アジアに対しての差別感の表れでしょう。昔の感覚そのものでしょう。

あ~なんと、情けない!

恥知らずな政治家たちよ!

被爆国が、地震国が、利権の為に原発54基もつくって。。。

中国、韓国に対したって、戦争でどれほどひどいことをしてきたか!

国には賠償金を払っても、個人に対しての賠償を全くしていない。

それがいつまでたっても、責められることになるそうです。

ドイツは日本の100倍賠償してきたそうです。

こんなこと書くつもりなかったのに、あまりに情けなくって、申し訳ございません。

きっといつかは良い時代がくるでしょうと、期待を込めて、

どうか暑さを乗り越えましょう!

2013.7.17

猛暑が続いておりますが、おかわりございませんか?
 

そんな中、とっても悲しいことが起きました!

8月で20歳になるべべちゃんが、とうとう、天国へ旅立ってしまいました。

10日より何も食せず、16日の午前3時30分頃でしょうか、

大分弱っているので心配でしたが、私がシャワーを浴びてる最中に息をひきとりました。
 

翌日、時たま大量のネコ缶を寄付してくださる、メモリアルレファの鎌倉さんにお願いしまして、

府中にある多摩犬猫霊園へ車で案内していただき、火葬されたのです。

寂しいですが、よくぞ20年も長生きしてくれたと、感謝の気持ちでいっぱいです。

火葬をされてる間の待ち時間に喫茶店に入りました。窓際にすわっていると、

窓の外に、べべにそっくりなキジトラネコがお坊様にドライフードをもらっていたのです。

霊園のネコだそうですが、びっくりでした。

べべはしっぽがウサギの尻尾のように短く、身体も小柄で、本当に女の子らしいネコでした。

そこにいたネコは尻尾は長く、オスのようでしたが、

まるで慰めに現れたようで、嬉しかったですよ。

 
20141021262.jpg

 

多摩犬猫霊園は、規模は大きくても、いかめしさがなくて、

又、お坊様方がとても上品で感じの良い霊園でした。

特にネコちゃんがそこに暮らしているのが素晴らしいです。
 

チャ子ちゃんですが、べべちゃんが体調を悪くしたと同時に家に2日も戻らず、

心配かけさせられました。

結局はフーちゃんにストーカーをされていたらしく、戻れなかったのです。

それからはトイレの向かいの納戸にこもりっきりとなってしまいました。

以前、べべちゃんがヒロちゃんにいじめられて心身症となり、

2階の私の寝室に移動させたのですが、全く同じようになりつつあります。

チャ子ちゃんも移動することになるでしょう。

雄猫には困ったものです。

襲い掛かり、嫌がるものだから、ますますエスカレートしてしまうのです。

全く人間とおなじです。
 

そのフーちゃん、トラちゃんが庭にいるのが気にいらずで、

お互いにらみ合いが続いています。

日中は、トラちゃんが庭のイスでくつろぎ、

フーちゃんはお向かいの駐車場でけん制しあってます。

寝室はすっかりショップ内となりました。

家の中には、ミミや、ルイちゃんがいるのが気に入らないようです。
 

全くネコの世界も大変ですねえ。

もともと、単独動物なのですから、多頭飼いはどうしても問題がおきますね。
 

現在我が家の向かいの電信柱には、3匹の猫のポスターが貼られてます。

2匹は3か月も前に、行方が分からないネコたちです。

もう一匹は、私が保護し、大泉製パン屋さんが里親となった黒ねこのタマちゃんです。

7月3日より家に戻らないと、ご主人から連絡があり、

私が急きょ制作したポスターです。

役所に問い合わせしてみましたが、該当するネコはなく、

ひょっとすると、人懐っこいネコでしたから、連れていかれたのかもしれません。

ご主人の気持ちを考えると、辛いです。

そんな訳でして、今回はネコだけのご報告となりました。
 

どうか皆様のネコちゃんが、この猛暑を無事に過ごせますように、お祈り申し上げます。