ホーム>ネコ日記>2014年8月

2014年8月

2014.8.15

終戦記念日を迎えました。

今年のこの日は、特別重く感じさせられます。

中東はいったい、どうなるのでしょう。

それが今後、我が国にどのような影響が舞い込むのか?
 

映画と舞台のご紹介です。
 

岩波で上映中の「大いなる沈黙へ」。

最近の映画には失望が多く、その中で岩波映画は裏切りません。

修道院の生活が、季節の移り変わりの中で静かに語られます。

ネコちゃんも6匹ほどいたかなぁ。

清涼感にひたれ、このシーズンにはぴったりでしょう。
 

渋谷ヒカリエ内、東急シアターオーブで上演中の「War Horsu 戦火の馬」。

まだ間に合います! 8月24日(日)までです。

ぜひ!ご鑑賞くださいませ。

作り物の馬のデザイン、動き、舞台全体の構成が実に見事です。
 

戦争の恐ろしさを新たに感じさせられます。

2014.8.19

バザーに対して、多くのご寄附協力をしてくださるとっても素敵な介護師、

渡邊千秋さんよりお誘いを受け、

大泉ゆめりあホールで上映中の「みんな生きてる~飼い主のない猫と暮らして~」を鑑賞。

企画された方は、大泉学園にお住まいの「NPO法人ねりまねこ」理事長 亀山ご夫妻。

泉悦子さんの監督によるドキュメンタリー映画でした。

私たちも同じように活動している為、悩みも同じ、喜びも共有でき、とても嬉しい出会いでした。

特に感動したのは、中野にあるmocoどうぶつ病院の院長さんである齊藤朋子さん。

とってもチャーミングな若い院長さん。

何と手術代が、週の2日間、オスねこ4000円、メスねこ5000円とのこと!

これはノラちゃん援護活動している身にとり、本当に助かる金額!

そのこころいきに敬服してしまいました。

 mocoどうぶつ病院

 E-mail:tomosmile1974@yahoo.co.jp

 TEL 03-3383-2216
 

この映画も上映館を募集してますし、全国での上映も大分計画されてるそうです。

お気付きになられたら、ぜひ、ご鑑賞くださいませ。

映画監督 泉 悦子さん

 ㈲テス企画 www.sepia.dti.ne.jp/tess/tess/

NPO法人ねりまねこ・地域猫 http://ameblo.jp/nerimaneko

  

 理事長  亀山知弘さん

 副理事長 亀山嘉代さん

です!
 

渡邊さんからお誘いのメールが届いた頃は、とても忙しなく、

只、彼女の誘いでしたら、きっと良い映画に違いない程度で出向くと、

何と、隣町グループの企画で、内容はノらちゃん援護の実態と知り、

仲間も誘えたのに。。。他にもと、反省。

ご興味のある方、どうか上記の皆様のブログをご覧くださいね。

2014.8.1

猛暑の中、お変わりございませんか?

毎月のことですが、何と月の変りの早さ!

制作が捗らないので、辛い変化です!
 

そんな中、保護していた子猫ちゃんが、お試しでお預けした方の里子となりました。

ピアニストでしたので、すてきな環境で幸せになれるでしょう。

本当に救われましたよ。

27日に救った方、里親さんと子猫をはさんで記念撮影ができました。
 

それでも手元に届けられた、里親募集のポスター、何と、10匹!

ネコ餌やりでご苦労なさってる方からの便り。。。

最近の高校一年生の事件。

みな、どこか愛情に飢えてますね。
 

最近、同じ高校一年生の愛らしい女の子がネコ達に会いに訪れました。

やはり、家庭的に悩みが多く、いろいろとお話して、お友達になりました。

翌日、この本を読んでくださいと、

「猫鳴り」沼田まほかる著書を届けてくださったのです。

とても嬉しかったですよ。

その後の事件でしょう。

彼女のように、すなおに悩みを話す相手がいなかったのでしょう。

救われる機会さえあれば、あのような事件は起きなかったのではと思うと、

悲しいですよね。
 

さて、今月はどのような月となりますか?

私は9月2日から始まる展覧会の制作です。

どうか猛暑にめげず、よい日々をお過ごしくださいませ。
 

ショップには夏休みはございませんので、お越し下さるのを楽しみにしております。