ホーム>ネコ日記>2020年2月

2020年2月

ネコフェス+ワン

恒例の石神井公園「ネコフェス」は、
変てこウィルスのご協力により、大人しく終了したようです。
死亡者が毎日増えて本当に恐ろしいです。
ご冥福をお祈りします。

2020220215113.jpg


今回のネコフェスには「森の美術館」を出展しました。

2020220213942.jpg
 

私のこの作品は、ギャラリー近くのイタリアンレストラン
「ピッコロ・ピアッツァ」さんから戴いていた
豚ちゃんの生ハム用パッケージを利用して「森の美術館」とし、
中に木の枝をセットして、小さなネコの絵を飾ったのです。

その立派なパッケージを眺めながら考えたテーマでした。
せっかくのデザインで完成されていた箱も、
深緑色を塗りやすくする為、
すっかり表面の紙を剥がし、全く元の姿から変身し、
何か申し訳ない気持ちもありました。
許せよ!

ネコの絵は、ギャラリーわあすでのネコ展に再度、
展示する予定です。

さて、どのようにまとめますか。。。
又、新たな悩みのスタートです。

             2020220215437.jpg            

 

マスク対策

とんでもないウィルスの蔓延で大変なことになってます。
                     
202027101851.jpg 
気になるのは、マスクが足りないと!
何で作ろうとしないのか?

ハンカチやガーゼ、太めの包帯などを折り畳み、
左右、輪にした部分に輪ゴムを通したって良いのです。
なければパンツを犠牲にして、
ゴムを耳に合った長さにして通し、
ガムテープでも良いので、角に貼って止めます。
口に当たる部分はティッシュを折り畳むのです。
ティッシュの中に、お茶やコーヒーなどを入れると
香りが心地よいですよ。

掃除してる気分で、布を三角に折って後ろで縛る方法でも
良いそうです。

どうか皆様に教えてあげてくださいませ。
買うばかり。。。
もっと工夫したらと言いたし!
                           

どうか早く収まりますように。。。
ちょっと世の中大げさじゃあないかしら。
インフルエンザより軽いらしいですから。

                                        202027102137.jpg

ともかく何につけても、免疫力を高めることです。
自分の身体が治してくれるのを
薬が邪魔して能力を抑えているのでしょう。
もったいないですよぉ!

では、今月も良いこと一杯ありますように。。。

         202027102417.jpg

 

フーちゃん 〜 ネコフェス作品


202027103334.jpg


穏やかな昼下がり。

メジロがみかんをついばむ様子を眺めながらの昼食。
右脇にはフーちゃん。

先日の日記に「眠くて。。。」と書きました。
もう一つ理由あり。
寒くなり、高田家に居候しておるフーちゃんが
帰宅、外出と、とんでもない時刻にガラス戸の開け閉めに
人を使うのです。
その為に、どうも睡眠が浅くなり眠り姫なる…
おばさんになるのじゃ!

昼間、夜には、必ず私の食事に合わせて帰宅する不思議さ!
おねだりの時間として、
彼にとっては組み込まれたことなのでしょうか?
既に彼の食事は終わっていてもです。

 

202027103817.jpg
 

思い出したことあり。
井上ひさし著書「百年戦争」。
世相を背景にした子供達が主人公
の本なのですが、
食事をした後、すぐに寝ると牛になる。。。が
食事をした後、寝るとネコにな
る。。。
という何ともおかしな表現から始まるお話です。

やはし。。。
私はネコ族だは。と、納得させられ。
ちょっと長めの本ですがご紹介いたします。


       202027104024.jpg

さて!
これまで苦労させられた?ネコフェス用作品を
昨日やっと搬入できまして、
石神井駅前通りの三井堂時計店内にセット出来ました!

タイトルは「森の美術館」
近くの「ピッコロ・ピッツァ」さんより戴いていた
豚の足の生ハム用、大きくてしっかりしたかっこの良い
パッケージを森に仕立て、
中に木の枝をセットして
小さなキャンバスにネコの絵を描き、
枝に提げ掲げたセッティングです。

木の枝はノラちゃんにご飯お届けの道すがら拾ったのや、
家の裏の屋敷林で伐採された枝を利用してです。
そうした材料が手に入る時期も、本当に不思議。
欲しいなぁと思っていると、手に入るのですよ!

やはり、いつも求めていませんと
幸運はつかめないのでしょうねぇ。
有り難くって感謝です。

                                          202027104645.jpg