ホーム>世界またたび物語>ニューヨーク&フロリダ編

ニューヨーク&フロリダ編

ソサエティー・オブ・イラストレーターズ

society.jpg
この人がボクのお母さん、
久世アキ子です。
 
時は、1996年5月15日。
彼女がメンバーになっている
7年ぶりに日本人メンバー13人展が
催されたんだよ。
 

これは、その時に出展した作品。 この会から、ネコをテーマにした作品を出品し始めたんだよ。

new_society.jpg
new_socety2.jpg
new_society3.jpg

 

 

2001年4月26日、 4年振りのSIグループ展に出品した作品。

new_society4.gif
new_society5.jpg
new_society6.jpg 
 
2003年5月14日~6月7日まで、SIグループ展に出品した作品。 

タイトル「招き猫」。9.11やイラク戦争も起き、世界平和を祈りながら、描かれたんだよ。 

new_society7.jpg
new_society8.jpg 

マックス (MAX)

max02.jpg
展覧会よりもお母さんを喜ばせたのは、
この協会のディレクター、テリー・ブラウンさんの部屋に、
MAXという名の猫チャンが住んでいるのを知ったときだ。
 
なんてステキなことでしょう!
 
この部屋からすべての情報が送られて来るんだけど、
それがボクの仲間MAXのぬくもりに包まれていたなんて……。
全然知らなかったよ。
 
ボクもほんとに嬉しい!

 

max01.jpg

これが、MAX。
いい男でしょ。
 
MAX実は女の子、メスでした!
名前により、てっきりオスかと勘違い。
 
 
 
max03.jpg
悲しいことに、1999年6月、
MAXは天国に旅立ってしまいました。
 
ありがとう、MAX。
逢えて本当に良かったネ!!
 
MAXのご主人であるディレクターのテリーが退社なさり、
私もメンバーから退会。
 
数々の素敵な思い出をありがとう!
 
 
 
 
ディレクター・テリーブラウンに捧げます。
I present to Director Terry Brown.

 

アルゴンキンホテル(THE ALGONQUIN HOTEL)

algon.jpg
New Yorkでの滞在は、
44丁目のここアルゴンキンホテル。
歴史を感じさせるエレガントな雰囲気がとてもステキなんだ。
お母さんの愛読書「ニューヨーカー」の発祥の地なんだって!!
それだけじゃないんだ、
このホテルには、猫が住んでいるんだよ!!
 
このホテルの猫の歴史は古く、
1930年代の後半に始まるんだって。
初代のオーナー、フランクケースがノラちゃんを
ファミリーの一員として迎えてから、
ずっと長いこと続いているんだよ。
ステキだよね!!

 

マチルダ (MATIRDA)

machiruda01.jpg
 
お母さんはお芝居のプロデューサーからホテルの猫の話を聞き、
NEWYORKではこのホテルと、8年前から通っているんだよ。

 

machiruda02.gif

 
猫の名前は「マチルダ」。
悲しいことに2000年12月に
天国へ行ってしまった!!
 
気の強い猫だったけど、
ソファーで眠る姿は可愛かったよ。
 
 
 
 
 

 

マチルダはどうも既に2代目になっている様子。

旅先で出会ったネコ達は、
大分、天国へ旅立ったようです。

ニューマチルダ(NEW MATIRDA)

new.gif
現在のニューマチルダです。
毛並みの美しい、まるで貴婦人の様に優雅な姿。
 
キラキラ光る瞳で見つめられた時は、
とっても恥ずかしかったよ。
new2.gif
マチルダをイメージしたカクテルがあるんだ。
オレンジをベースにしてるってお母さんが言っていた。
なんて、おしゃれなんだろネ! 
 
2010年現在15歳。
とっても元気らしいので、また、逢いたいなァ。
new3.jpg
けれどその姿に似合わず、
お母さんはゆったりと横たえるマチルダをスケッチしたくて、
ウズウズしていたにもかかわらず、
ロビーを一周した後は、カウンターの中に潜り込み、
コンピューターの脇で眠ってしまうか、
ベルボーイ達の足下で甘えてるの。
お母さんは朝に深夜にすっかり翻弄されていたんだよ。
 
彼女は大変な人気者で、
世界中から毎日の様にラブレターが届くんだって。
羨ましいね。

 new5.gif

マンハッタン(MANHATTAN)

manhattan.jpg
 
 
 
 
 
皆さん! この写真を見てちょうだいにゃあ!
ボクは本当にショックだった。
 
ここは観光客で最も賑わう5番街。 近代美術館の近くの歩道なんだよ。
 
なかなかのおしゃれをしたご主人は、何やらパフォーマンスをしていたけれど、
2匹のネコちゃんの落ち着いた演技というか、行動には誰もかなわないでしょう。 
 
マンハッタンって本当に、ユニークで素敵な街だね!

 

20164521954.jpg

 

201645222416.jpg

ジョン・レノンの「IMAGIN」は、素晴らしい歌だよね。

1980年12月にジョン・レノンは40歳の時に命を絶たれてしまった。
ここはジョン一家がよく散歩をしていたセントラルパーク内のストロベリーフィールズだよ。

1985年10月9日。ジョンの誕生日に当時のNY市長、エドワード・コッチ氏が、ジョンのためにビートルズの曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」から名付けて贈られた場所だそう。そこにオノ・ヨーコが世界平和を祈念して制作したモザイクをNYに寄贈したんだって。

毎日欠かさず花を贈る素晴らしい男性がいるそうだよ。ちょっと切なくなってくるよね。
世界が本当に平和になってくれるといいニャア。想像しようね。

201645223436.gif

 

 

現在も、オノ・ヨーコが暮らしているダコタハウスが、メトロポリタン美術館から眺められるんだ。
そこでジョンはネコと暮らしていたことがあるのかにゃあ。

 

フロリダ州キーウエスト (KEYWEST IN FRORIDA)

florida01.jpg
肌寒いN.Yにさよならをして、
ボクたちは真夏の太陽がまぶしいフロリダ州キーウエストへと移った。
途中、トランク1コが行方不明になるなど、
トラブルもあって大変だったけれど、
なんとかホテル「カサ・マリーナ」に落ち着いた。
メキシコ湾に面したそれは素敵なホテルだよ。
ところが、ここでもまた、猫チャンが待っていてくれたんだ!

 

florida02.jpg
彼女の名前はグルービー。
それはそれは魅惑的な猫で、
ボクはすっかり彼女の虜になってしまった。

 

ヘミングウェイの家(ARNEST HEMINGWAY HOUSE)

way.jpg
待ちに待ったこの日がとうとうやってきた!
ボクのおかあさんは心ときめかせ、
亜熱帯植物が生い茂る美しい住宅街を自転車のペダルを踏んで、進んだ。

目指すは、作家ヘミングウェイの家だ。ト

way2.jpg
レンガ塀に囲まれた広いヘミングウェイの家。
中は、まるでジャングルのようだ。
ここでの生活から、代表作「武器よさらば」や「誰がために鐘は鳴る」が生まれたんだよ。
 
ここにはなんと、現在でも55匹の猫たちが、優しい人々に愛されて、
自由にのびのびと暮らしているんだよ。
羨ましいったらニャイねェー。

 

猫たちのお墓 (A CEMETERY OF THE CATS)

cat01.jpg
ここは、庭の片隅にある猫たちのお墓だよ。
マリリン・モンロー、リズ・テイラー、シナトラ……
天国にいった猫たちの名前が
タイルに刻まれているんだ。
モンローの猫なんて、逢ってみたかったなァ……

 

cat02.jpg
お母さんがスケッチしていると、 
人なつっこい猫ちゃんたちがやってくる。
こんな素敵な所で暮らせるなんて、
すばらしいねェ!

 

ヘミングウェイの通っていたバー (SLOPPY JOE'S BAR)

hem01.jpg
ここが、有名なヘミングウェイが通っていたバーだよ。
ここでは、彼はいまだにパパさんの愛称で親しまれ、彼の存在はいまだに健在だ。
 
けたたましい音楽に誘われて中に入ってみると……、

 

hem02.jpg
壁という壁は、当時のヘミングウェイの写真で埋まっている。
お母さんがスケッチをしていると、
向かいの席にいた、オランダから来たというご夫妻のご主人の方が近寄ってきた。
そして、そのスケッチが欲しいと言ってボクたちのテーブルの席に座り込んでしまった。
プレゼント用に新たにスケッチをしてあげたら、
お母さんにビールをごちそうしてくれたよ。
オランダに行ったら、どうかよろしくね。

 

旅ってほんとに素敵だね(MIAMI)

旅は切ないものだ。
もう少しここに居たいと思っても
次のスケジュールが待っている。
後ろ髪引かれる思いで
マイアミへと移った。
tabi.jpg
浜に出て、白い貝を拾い集め、
波とたわむれた。
こんなこと何年ぶりかな、と
お母さんは、はしゃいでいる。

tabi2.gif

風に吹かれ、ゆったりと大海原を眺めていると、
水平線に浮かぶ遠くの船に突然、西日が当たり、
船が美しく白く輝いた。
そのあと虹が水面から、
雲に向かってまっすぐに伸びたんだ。
 
まるで夢のような世界だったよ。
神様は最後の最後までボクたちに素晴らしい夢を見せてくれた。
旅ってほんとに素敵だね。
 
じゃ、次の旅まで、皆さん、バイバイ!