2006.2.26

生憎の雨天の中、バスツアーに参加。
目的は、鎌倉の長谷寺、大磯、伊藤博文公旧邸である「創浪閣」での昼食後、旧吉田 茂邸、特別見学。

小田原、曽我の梅林見学ツアーです。

実は、私は、23歳になるまでは、大磯で暮らしておりました。

実際に暮らしたのは、13歳まで、あとの10年は別荘としていたのです。

それも、創楼閣より、二軒手前の一万坪のお屋敷の中の一角に家がありましたから、

今回のツアーは、懐かし い、故郷を訪ねる旅だったのです。

まして、吉田邸など当時、中に入るなど考えられませんでしたからね。
各所、梅が満開で、雨のせいで、代えって花の色を輝かせていたようで、とても美しく、

甘い香りに包まれた旅となりました。

川崎駅でグループと別れた後、逗子へと向い、友人に迎えられて、葉山へ。
宿は、御用邸近くの海岸沿いの旅館「大海荘」です。
ここには3匹の白いネコが、外ネコとして住んでいたのですが、現在は1匹となったそうです。

いつ現れるのか、解らないと聞いたので、心配でしたが、翌朝、カーテン を開けると、

まずは、大海原が目の前に開け、足元の庭に何と!白猫が通り過ぎてゆきました。

ちゃんと挨拶に出向いてくれたのですよ!

天皇陛下が浜辺を散歩すると、ノラ猫うちの可愛い一匹のネコの頭をなでていたそうで、

ぜひ、そのネコたちに会いたいと、散歩に出ましたが、会えませんでした。

けれど、陛下もネコがお好きと知り、とても嬉しかった。
宇多天皇、明治天皇もお好きだったそうで、ネコ歴史として、大変ビッグなニュウスともいえるでしょうね。

散歩の後、旅館をスケッチしているところへ、又、別のノラが現れ、

私の目の前で横たわりおなかをゴリゴリと地面になすりつけて、去っていきました。

よく来たねの挨 拶でしょか。

そこへ一人の中年の男性が、旅館のご主人を訪ねてやってきて、

ご主人と共にギター演奏がはじまり、「ブルーハワイ」、「べサメムーチョ」を弾いて、

去っていきまし た。

あー何と、素晴らしい。これが、湘南の余裕なのです。

次に訪れたのが、漁師の奥様。私のスケッチを眺めて、海は好きだよ。

山よりかずっと良いよね。と去っていきました。

その後は友人のドライブで、葉山のプリンで有名な「マーロウ」へ。

実は、彼女、そのプリンを作っているのです。

ぜひ、召し上がってね。その向かいにもしゃれたショップがあり、

しばし、すてきな商品に二人でエキサイト。

昼食はもちろん、海を眺めながら、マーロウで味わいました。

その後、鎌倉の友人を訪ね、ネコのいる「光明寺」へと向かいました。

見事なお寺に圧倒されながら、山門をくぐり、境内に入ると、

山門の脇から、一匹、 二匹、三匹、四匹と、ネコたちが私のもとに寄ってきてくれたのです。

みな、とても人懐っこく、大切にされてるようで嬉しくなりました。

お寺には、ネコが似合います。

似合うというよりか、共生のはずなのです。

もともと、日本には、山猫しかおらず、仏教の経典と共に、ねずみから守るために連れてこられたのです。

全国のお寺でネコを大切に飼ってくださったら、どんなにか、ネコが救われることか。

こうして、2日のバカンスは、楽しく終了し、5匹が待つ家路へと向ったのでありました。

おしまい。