2009.3.23

ショックで言葉にもなりません。
22日、大磯の吉田邸が全焼!とは!

私は23歳迄、大磯で育ったものでして、吉田邸は大磯の住人にとっては、宝のようなもの。

へそというか、根っこでもあり、柱のような重要な存在でしたから、残念で、悔しくてなりません。
住んでいた当時は、お屋敷の中を拝見するなど、興味はあっても出来ることではなかったので、

昨年、一昨年と、東京新聞のツアーで訪問いたしました、目に入れたものが全て、消失したのです!
火事は本当に恐ろしいですね。
不思議なめぐりあわせで、最近、大磯の歴史を語る会が誕生し、

風の会として、ご連絡を頂いたのが、消失直前だったのです!
何ということでしょうか。悲しいですよ!

ネコの話しにしましょう。
ネットショップのお客様で、西表島の方がおります。
彼女は20匹のネコと、レストランで働いております。
そのネコの一匹、カケフちゃんは何と!26歳!だそう。
母親(享年)23歳。双方の名前を合わせ、店の名前は「カケタ」kake.ta だそうです。
名物ネコちゃんだそうで、旅をなさったら、ぜひ、お訪ねくださいませ。
私も行きたい!です!