2013.11.12

9日、恒例のチャリティバザーが無事行われました。

ご寄附くださった方々、又、ご来場くださった方々には、心からお礼申し上げます。
 

その準備中のことです。

ショップ内の倉庫からバザーの道具を出していると、

三毛ネコの死骸を発見してしまいました!

10日前あたりより、見かけないやせ細って病的な三毛ネコが餌を求めてか、

来るようになりました。

哀れさを漂わせた、中々魅惑的な三毛ネコで、

元気にさせてから里子に出しましょうと、考えておりました。

ところが2~3日ほど前から姿を見せず、心配していたのです。

それが。。。結局、我が家を死に場所に選んだのでしょう。

とても残念です。

あれほど愛らしいネコちゃんでしたのに、何でノラになったのか?

哀れでなりません。
 

私達の活動も10年を迎えましたが、

その中で一件、心の傷になっていた三毛ネコの子猫がおりました。

それは可愛らしい子猫でした。

暮れの寒い晩のことです。

捕獲機をかけると中に入ってくれましたが、

暮れで獣医は休みに入っているしで、蓋を開けて逃がしたのです。

ショックで何も食べずに、ニャア、ニャア泣きながら畔道を走ってゆきました。

その後、全く姿をみせなくなってしまいました。

ご近所の方々に問いかけても、見かけないとのこと。

たぶん、あの世に旅立ったのでしょう。

その三毛ネコによく似ていたものですから、残念な気持ちが重なります。

仕方ないですね。

めげずにネコちゃんの為に、えんやこりゃ!です。
 

これからの私は、

12月2日より開催されますグループ展の制作に向かわねばなりません。

全く捗っておりませんのです。

皆様お互いに励みましょう!