2013.3.10

啓蟄を向かえ、春が訪れたようですねえ。

メジロのカップルも時期を向かえ、来なくなり、寂しくなりました。

これからは子つくりなのかもしれませんね。
 

居候のトラとフーちゃんの仲が悪く、

興奮すると、トラは爪の伸びた手でネコパンチを私にまでもしてくるので、

ちょっと問題です。

子供たちにそれをされたら、大変なことになりますから、心配の種が生まれました。
 

実はこれまで私はすっかり風邪のウイルスに愛されまして、

背中の鈍痛から胃へと、まるで針で刺されるような痛みに耐え、

身体のだるさもあり、何をするのもおっくうでした。

風邪って本当におかしな現象を伴いますねえ。
 

やっと今、それから開放され、

昨日は気になっていた原発反対デモ「つながろうフクシマ!さよなら原発大集会」に参加のため、

明治公園へ出向きました。

多くの人々で賑わってはおりましたが、昨年と比較すると大分人の数が減り、残念です。
 

病み上がりなので数時間でさよならし、経済産業省前のテント村に激励カンパに向かいました。

テントのまわりを囲むパネルの嫌らしいこと!

当省敷地内では「居座り座り込み等を禁止いたします。国有地。経済産業省」

と書かれたパネルが張り巡らされているのです。

省とは誰の為のものでしょうか?

国民の為のものであり、国民から貸していただいてるのでは?

全て税金で成り立っているのでしょう。
 

安部政権となってから、締め付けが厳しくなっているようです。

主権在民の筈が、おかしくなってます。
 

憲法改正なんてとんでもないことです。

井上ひさしさんの「うふふ」という本に

日本国憲法に、主権在民と平和主義と、基本的人権の尊重が盛り込まれているから日本国憲法であり、

その基本原理がひとつでも欠けたら、もはや日本国憲法は日本国憲法でなくなる。

政府与党は、「改憲」と称して、日本国憲法から平和主義を外そうとしている。

戦の出来るフツーの国になるために基本原理を変えたいというのであれば、

もうすでに「改憲」ではない。

国のかたちを変えるのだから、それは革命であり、クーデターである。

どこの国も憲法の本体には手をつけず、修正条文で改正している。

どんな国だって、基本原理=国のかたちは大切にしているのです。

という、重要なことが書かれております。

国民として、こうした大切なことを知らないと、とんでもないことになりかねません。

怖ろしいことです。
 

それに関して、デモのゲストである作家の広瀬 隆さんが、

「憲法を変えられかねない!」と!泣き叫ぶようにスピーチなさってました。

「変えるのなら俺を殺せ!」とも。
 

オリンピック招致活動もうんざりです。

嬉しいことに、朝日新聞の調査によると、支持率37パーセント!63パーセントの国民が反対と!

ブログにIOCロゲ会長に送ろう!東京にオリンピックはいらない!ハガキ勝手連をみつけました。

住所も書かれてますよ。

送ろうかなあと、私は考えております。

被災地のことを考えたら、とても出来ません。

その費用で復興に使って欲しいし、日本橋の上の高速を外して欲しいし、

その高速の寿命を考えたら。。。ぞっとしませんか?

日本国中、老化現象が起きてるでしょうに。

その上、地震の不安もあり、この先、何が起きてもおかしくないでしょう。

銀座でのオリンピック選手のパレードに対する人口とて、大分、アルバイトを使ったらしい。

猪瀬都知事の何と、いいかげんなことよ!

反対者が多いいのに安堵です!朝日新聞に感謝です。お礼のTELをいたします。

抗議だけでなく、良いことに対しては、誉めることも大切でしょう。
 

TPPのことには、原発と共に目を光らせましょう。

交渉参加とは、全てにOKということだそうです。

ともかくTPPはアメリカからの第二の占領計画といわれているのです。

本当に油断なら無い昨今です。
 

私はまずはネコ達の為に!反対の行動をいたします!

ぜひ、ご一緒に!