2013.6.29

今月もおしまいですねえ!

暑くなって参りました。お身体ご自愛くださいませ。
 

映画のご紹介です!

毎度、チャリティーバザーのげ売上げ金から一部を寄付している

NPO法人「アニマルクラブ石巻」の代表、阿倍智子さんがご出演の

「犬と猫と人間と2~動物たちの大震災~」

只今、渋谷文化村近くのユーロスペースにて、7月5日まで上映してます。

ぜひ、被災地の動物たちの現状と、援護活動をなさってる方々のご苦労をご覧になってくださいませ。

本当に考えさせられます。
 

それにもかかわらず、寄付金を着服する人々の中には、

表向きは援護しているように見せかけ、裏で殺している人々もいるので、

どうか寄付する場合、充分におしらべの上でなさるよう、ご注意申し上げます。

情けないじゃありませんか?

原発と同じですよ!
 

映画に続いて、本のご紹介です。

「利休にたずねよ」 山本兼一著

            PHP文芸文庫 880円

日本が日本でなくなってきている。。。という著者のご心痛から、 利休を追及なさったとのこと。

日本人として、日本の美学を改めて学びましょう。

秀吉との葛藤のすさまじさ!とともに、茶の世界の魔力が、ひしひしと心に訴えてまいります。

小説「渋沢栄一」 津元 陽著

           幻冬舎文庫 上・下 各680円

今!現われて欲しい!人格者!

現在の経済界、政治家、官僚をもしも今、彼が監督してくださったら、どんなに罵倒されることか!

あまりに道徳感がなさすぎる!

経済には、道徳感が伴わなければならない。

余分なお金をもつと、人間はろくなことをしないと申しておりましたそうで、

私は以前より、尊敬しておりました。

利休も栄一も、ご実家が商人というところから、興味をもった次第です。

ぜひ、ご購読なさってくださいませ。

お勧めです!
 

お互いしっかり歩みましょう!

良い7月をお迎えくださいませ!