2013.7.17

猛暑が続いておりますが、おかわりございませんか?
 

そんな中、とっても悲しいことが起きました!

8月で20歳になるべべちゃんが、とうとう、天国へ旅立ってしまいました。

10日より何も食せず、16日の午前3時30分頃でしょうか、

大分弱っているので心配でしたが、私がシャワーを浴びてる最中に息をひきとりました。
 

翌日、時たま大量のネコ缶を寄付してくださる、メモリアルレファの鎌倉さんにお願いしまして、

府中にある多摩犬猫霊園へ車で案内していただき、火葬されたのです。

寂しいですが、よくぞ20年も長生きしてくれたと、感謝の気持ちでいっぱいです。

火葬をされてる間の待ち時間に喫茶店に入りました。窓際にすわっていると、

窓の外に、べべにそっくりなキジトラネコがお坊様にドライフードをもらっていたのです。

霊園のネコだそうですが、びっくりでした。

べべはしっぽがウサギの尻尾のように短く、身体も小柄で、本当に女の子らしいネコでした。

そこにいたネコは尻尾は長く、オスのようでしたが、

まるで慰めに現れたようで、嬉しかったですよ。

 
20141021262.jpg

 

多摩犬猫霊園は、規模は大きくても、いかめしさがなくて、

又、お坊様方がとても上品で感じの良い霊園でした。

特にネコちゃんがそこに暮らしているのが素晴らしいです。
 

チャ子ちゃんですが、べべちゃんが体調を悪くしたと同時に家に2日も戻らず、

心配かけさせられました。

結局はフーちゃんにストーカーをされていたらしく、戻れなかったのです。

それからはトイレの向かいの納戸にこもりっきりとなってしまいました。

以前、べべちゃんがヒロちゃんにいじめられて心身症となり、

2階の私の寝室に移動させたのですが、全く同じようになりつつあります。

チャ子ちゃんも移動することになるでしょう。

雄猫には困ったものです。

襲い掛かり、嫌がるものだから、ますますエスカレートしてしまうのです。

全く人間とおなじです。
 

そのフーちゃん、トラちゃんが庭にいるのが気にいらずで、

お互いにらみ合いが続いています。

日中は、トラちゃんが庭のイスでくつろぎ、

フーちゃんはお向かいの駐車場でけん制しあってます。

寝室はすっかりショップ内となりました。

家の中には、ミミや、ルイちゃんがいるのが気に入らないようです。
 

全くネコの世界も大変ですねえ。

もともと、単独動物なのですから、多頭飼いはどうしても問題がおきますね。
 

現在我が家の向かいの電信柱には、3匹の猫のポスターが貼られてます。

2匹は3か月も前に、行方が分からないネコたちです。

もう一匹は、私が保護し、大泉製パン屋さんが里親となった黒ねこのタマちゃんです。

7月3日より家に戻らないと、ご主人から連絡があり、

私が急きょ制作したポスターです。

役所に問い合わせしてみましたが、該当するネコはなく、

ひょっとすると、人懐っこいネコでしたから、連れていかれたのかもしれません。

ご主人の気持ちを考えると、辛いです。

そんな訳でして、今回はネコだけのご報告となりました。
 

どうか皆様のネコちゃんが、この猛暑を無事に過ごせますように、お祈り申し上げます。