2014.1.31

こんにちは!

寒中の折、お変わりございませんか?
 

私にはとても悲しい事件と、嬉しい事件が起きました!
 

28日の早朝、コウちゃんが天国へ旅立ってしまいました!

一昨年より大分痩せてきて、今年は危ないかもしれないとは思っていたのですが、

1週間前あたりから突然、自ら水や餌が食べられず、

私の手により、水はスポイトから、餌は私が口の中に押し込むようになってしまったのです。

そうして。。。とうとう、命つきてしまいました。
 

ララちゃんと同じように、ファミリーペットソサエテイに連絡し、

車の中での火葬となりました。

立会が出来るとのことで、初めて立ち会ったのですが、

車の中にはそれは素晴らしい教会を模したよう花々に囲まれた祭壇があり、

そこに安置し、プロデュサーの上原さんからの暖かなお言葉をいただき、

後ろ手にある焼却炉に納められました。

約1時間30分ほどで、祭壇にはお盆の上にそれは見事にきれいに全ての骨が並べられ、

それぞれの骨の説明を受け、骨壺にしっぽの骨から手で納めてゆきました。
 

おっとりとしたそれは性格の良い、人に抱かれるのが大好きな甘ったれでしたから、

多くの方々の人気ネコで、本当に残念ですし、寂しくなりました。

けれど、白血病をもっていたし、癲癇もちでしたし、左目は膜が張っていて見えませんでした。

そのようなネコが13歳まで病気が発症もせずに旅立たれたのは、幸せでしょう。

広之君が車にひかれて、死んでしまった後のことで、

川崎でボランテイアをしていた吉野和江さんから、

あまりにも人懐っこいネコを公園で保護したので、何とか。。。

とのことで届けられたのです。

月日の経過により、ぼろちゃんも愛らしく成長し、

私にとって幸せな13年間でした。感謝の気持ちでいっぱいです。

彼にとっては、徐々に仲間が増えて、時にはリナちゃんにパンチをくらったり、

ミミちゃんにパンチもしてましたけれど、

人からはとても愛されて猫生としては良い一生と思いたいです。
 

このところ、ララちゃん、べべちゃんと毎年のように送らねばならず、

多頭飼いとはこうしたことなのかもしれません。
 

嬉しいビッグニュウス!は、

ACTでの出品した作品「CAT STREET」が面白いとのことで、

大人の絵本になることになりました!(下の写真がACTに出品した作品です)

年内に約、30点ほど制作です!

 
2014102122351.jpg
 

知り合いの易者さんより、今年は忙しくなりますよ。と言われておりましたが、

早速です!

完成の折には、ぜひ!お買い上げくださいませね!

しっかり頑張ります!
 

本のご紹介とゆきましょう。

「恐ろしいほど当たる月猫占い」

 田中幸之助著 三笠書房王様文庫

 税込650円

「ボブという名のストリートキャット」

 ジェームズ、ボーエン著 辰巳出版 

 1600円+税

田中さんは以前、原宿キーウエストのネコ展にてお会いしたいた方でした。

猫が教える。。。あなたに宿る28の月のパワーミステリアスで面白いですよ!

今年は1月1日、30日と2日も新月が、

又、3月も同じように1日、30日が新月です。

特別な年といえるのでしょう。

願いを叶えてくれますよ!

希望が実現できる自分になるようつとめられます。。。

というような願いかたでお願いしましょう。

ストレートな願いかたは、神さんにことわられます。
 

では迎える2月が良い月でありますように。。。お元気でね!

都知事選しっかり考えて、投票しましょ!

阿倍総理の暴走を何とかストップです!

被災地の方々を思いますと、本当に悲しい、悔しいです。

皆が幸せになりますように。。。