コンテンツ

ブリティッシュミュージアム (THE BRITISH MUSEUM)

pri01.jpg
この旅で一番びっくり興奮させられたのは、
大英博物館にネコが住んでいる!! と知ったことです。
 
博物館に出向き、中の本屋で見つけた
「オットーライン」という“白ネコ”が主人公のお話。
その白ネコは、事実、博物館の隣に住み、
博物館のネコと遊んでいるという。
 
本当かどうか確かめようと、守衛さんに訪ねると
「ああ、この中にも2匹住んでるよ。朝早く来れば会えるさ」。
それを聞いた時のお母さんの喜びといったら!!
 そこでお母さんは"きっと会える、きっと会える"と
呪文のように唱えながら塀ずたいを歩いて行くと、
ドキ!! ネコだ!! ネコに逢えた!!

 

pri02.jpg
従業員の出入り口で、まるでお母さんが来るのがわかっていたみたい。
そのネコの名は「ボウ、ボウ」。
フェンスから手招きすると近寄って来た。
最近、日本でも増えている黒っぽい三毛猫ちゃんだ。
 
大英博物館のネコの歴史は1866年、3匹のネコから始まり、
1970年代には、70匹もいたそうだ。
"その頃に来たかったよね!!"
旅することの楽しさって、こうした出会いだね。
本当にウレシイーー!!